第1263回 凸凹コンビのキジとサクラ (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

第1263回 凸凹コンビのキジとサクラ

バックナンバー

このエントリーをはてなブックマークに追加

 もうじき1歳になるキジ(写真手前)とサクラ(同奥)は兄妹で、近所の保護猫カフェから生後4カ月のときに譲り受けたが、2匹の体格は全然違う。

 雄のキジは食い意地が張り、餌を先に食べ終えるとサクラの皿に首を突っ込んで横取りする。片手で抱えられるほど軽かったのに、今ではムチムチ。性格はおっとりで、寝てばかりいる。「横幅が広い」と子どもにからかわれる始末だ。

 一方、雌のサクラはわが家に来てすぐに猫風邪を発症した。結膜炎と舌の潰瘍、熱も少しあったが、猫じゃらしを見せると飛んでくるほど活発で俊敏に動く。

 錠剤と点眼薬を処方してもらい、結膜炎は長引いたものの、1カ月もすると元気になった。が、その数日後、「サクラのうんこに何かいる」と子どもが言うので見てみると、回虫が……。虫下しをもらって飲ませた。


(更新 2018/2/15 )


バックナンバー

コラム一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい