第26回 余裕をもって行動する (1/2) |AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

第26回 余裕をもって行動する

文・大谷由里子

プロフィール  バックナンバー

このエントリーをはてなブックマークに追加
マンガ/上大岡トメ

マンガ/上大岡トメ

 仕事柄、いろんな場所に出かけると、

「よくもまあ、こんなにイライラしている人がいるもんだ」

 という人に出会う。

 空港のカウンターで、「何、トロトロやってんだよ」とキレている人。

 手荷物検査上で鳴らされて、「さっさとやれよ」と、怒っている人。

 エレベーターで、自分だけ乗ったら、まだ人がいるのに「閉」のボタンを押す人もいる。

 わたしも以前、新幹線で荷物を隅っこにうまく置けずにモタモタしていたら、「早くどけよ」

 なんて偉そうに言わたことがあった。

「そんな言い方ないでしょ」と、突っ込みたくなった。

 意識すると、イライラ星人はあちこちにいる。

 かつてのわたしもそうだったような気がする。

 とにかく、あくせくしていた時がある。

 お金に追われ、仕事に追われ、家事に追われ、誰も認めてくれない。

 自分に幸せ感がないから、人にも優しくなれない。

 いつもイライラしていたような気がする。

 けれども、今はそんな人たちを見て、自分に言い聞かせている。

「わたしは、こうならないでおこう」

 理由は、冷静にそんな人たちを見ていると、なんとなく悲しくなったから。

 そんな態度が「幸せ」を遠ざけている気がしたから。

 そして、自分も含めて、「なぜそうなってしまうのだろう」と、考えた。

「ごきげん力にいちばん必要なものは、何か? ひとつだけ答えてください」

 そう訊かれたら、やっぱり、「余裕」と答える。

「時間の余裕」「お金の余裕」などいろんな「余裕」がある。

 ふたつの中でも「時間の余裕」は、今日からでも、ちょっとした努力で作れる。


(更新 2015/8/11 )


バックナンバー

コラム一覧

続きを読む

プロフィール

大谷由里子(おおたに・ゆりこ)

 1963年奈良県生まれ。京都ノートルダム女子大学を卒業後、吉本興業に入社。故・横山やすし氏のマネージャーを務め、宮川大助・花子、若井こずえ・みどりなどを売りだし注目を集める。2003年、研修会社の志縁塾を設立。「笑い」を取り入れた「人材育成研修」は、NHKスペシャルなど多くのメディアで話題となっている。 現在は、年間300を超える講演・研修をプロデュース中。主な著書に『仕事で大事なルールは吉本興業で学んだ』(こう書房)、『はじめて講師を頼まれたら読む本』(中経出版)など多数。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい