崩れては積み上げるのは本か、思い出か

2011/09/01 23:20

 僕の部屋には何本も何本も柱が立っています。
 普通の柱じゃない。本とDVDの柱です。
 鍾乳洞で石灰質を含んだ水が地面に落ち固って徐々に上にのびて石筍になるように、日々買ってきたまま置いておく積ん読本がすくすくと成長し、今では立派なモニュメントになっている。
 DVDも同様です。
 幾たびもあった余震を乗り越えて、何本もの柱が僕の仕事部屋には屹立しています。 この話は前にもしましたよね。

あわせて読みたい

  • なくなっては困る雑誌

    なくなっては困る雑誌

    2/12

    大好きな映画と衝撃の再会

    大好きな映画と衝撃の再会

    11/10

  • 橋本治さんの著書に影響を受け、弟子入りまで果たした------アノヒトの読書遍歴:柳澤健さん(後編)

    橋本治さんの著書に影響を受け、弟子入りまで果たした------アノヒトの読書遍歴:柳澤健さん(後編)

    BOOKSTAND

    4/10

    海老沢泰久さんの『監督』をきっかけに、スポーツの執筆に関わるようになった------アノヒトの読書遍歴:柳澤健さん(前編)

    海老沢泰久さんの『監督』をきっかけに、スポーツの執筆に関わるようになった------アノヒトの読書遍歴:柳澤健さん(前編)

    BOOKSTAND

    4/6

  •  「キャプテン・アメリカ」が直面する

    「キャプテン・アメリカ」が直面する"時代"と"正義"

    10/20

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す