名画座通いで気になった昭和の流行作家・獅子文六

2010/12/09 21:07

 今年も12月に入ってしまいました。
 なんだか、あっという間でしたね。
 特に、8月に会社を辞めてからが早かった。
 会社を辞めてからすぐに始めるつもりだった仕事がひとつ、とんだこともあり、この三ヶ月、まとまった仕事もしないでボヤボヤしてただけなのに、なんでこんなに時間が経つのがはやいの、と驚いています。
 部屋の片付けなど、「会社を辞めたらやるぞ」と宣言していたことも全然やれてなくて、まずいなあという気持ちだけはあるのですが、なんだか一日はあっという間に流れていってしまう。
 会社に行ってた時の方が、メリハリがついて、却って仕事が出来ていたのかもしれません。
 毎日、自分で自由になる分、早めに新しいペースを作りたいなとは思っているのですが。

あわせて読みたい

  • B4にびっしり手書き! 無料映画ガイド「名画座かんぺ」のクオリティが凄い

    B4にびっしり手書き! 無料映画ガイド「名画座かんぺ」のクオリティが凄い

    AERA

    2/20

    路面電車はなぜ「ちんちん電車」と呼ばれたのか? イメージぴったりの87年前「東京市電」
    筆者の顔写真

    諸河久

    路面電車はなぜ「ちんちん電車」と呼ばれたのか? イメージぴったりの87年前「東京市電」

    AERA

    6/5

  • 優雅な読書が最高の復讐である

    優雅な読書が最高の復讐である

    週刊朝日

    1/17

    二日酔いのシャンパン、風呂であたためた燗酒 作家をめぐる酒の話

    二日酔いのシャンパン、風呂であたためた燗酒 作家をめぐる酒の話

    dot.

    5/18

  • 『ぴあ』休刊につきない思い出

    『ぴあ』休刊につきない思い出

    7/14

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す