20年たって改めて感じる、筒井康隆の凄さ

2010/06/24 18:07

 10代から20代にかけて、SFにはまっていた時期があります。
 SFマガジンを最初に買ったのが、確か中学1年生の冬。新春の日本人作家特大号でした。
 確か、この号に筒井康隆氏の『デマ』が掲載されていたと思います。
 この作品には大いに衝撃を受けました。
 あるデマが拡大していく過程を、小説ではなく、フローチャートの形で表現する。どんどん分岐して、あるものは消え、あるものは尾ひれがついて変質する。今だと当たり前の方法論かもしれませんが、こんなやり方の小説があるのかとびっくりした。
 
 筒井さんの小説は、それまでにも何冊かは読んでいたはずです。
 夢中になって見ていたNHK少年ドラマシリーズの『タイム・トラベラー』、その原作である『時をかける少女』は、もちろん読んでいました。その他にも確か『にぎやかな未来』というショートショート集を読んでいたと思います。
 ただ、まだ筒井さんの本領発揮と言える作品には出会っていなかった。
 最初が『デマ』だったわけです。
 これでびっくりしていたところに早川書房がハヤカワJA文庫を創刊して、日本人SF作家の作品が文庫化されるようになった。『東海道戦争』や『ベトナム観光公社』など、氏の初期作品集を読んで、「世の中にこんなに面白い小説があったのか」と驚いた。そこからは、もう大ハマり。
 まあ、同世代だと、当時、似たような体験をした人は多いと思うので、あまり偉そうに書くことでもないのですが。

あわせて読みたい

  • 小松左京は「親分肌でロマンチスト」 盟友・筒井康隆が明かす素顔

    小松左京は「親分肌でロマンチスト」 盟友・筒井康隆が明かす素顔

    週刊朝日

    8/2

    SFへの扉を開いてくれた筒井康隆編『SF教室』

    SFへの扉を開いてくれた筒井康隆編『SF教室』

    7/1

  • 20代の自分と出くわす

    20代の自分と出くわす

    5/7

    北原みのり「筒井康隆、なんて小さい!」
    筆者の顔写真

    北原みのり

    北原みのり「筒井康隆、なんて小さい!」

    週刊朝日

    5/13

  • 森山未來君が

    森山未來君が"虫化"する舞台『変身』

    3/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す