乃木坂46、ツアー形式【31stSG アンダーライブ】を完遂

2022/12/21 13:23

乃木坂46、ツアー形式【31stSG アンダーライブ】を完遂
乃木坂46、ツアー形式【31stSG アンダーライブ】を完遂


 乃木坂46【31stSG アンダーライブ】のオフィシャル・ライブレポートが到着した。
 12月19日に神奈川・KT Zepp Yokohamaにて、乃木坂46【31stSG アンダーライブ】の最終公演が開催された。当ライブは12月1日から神奈川、北海道、福岡、愛知、大阪の全国5ヶ所のZepp会場にて計9公演を実施され、最終公演のみインターネットでの生配信も行われた。
 31stシングル「ここにはないもの」のアンダー曲「悪い成分」でセンターを務める3期生・中村麗乃を座長に迎え、3~4期生からなる構成では初のツアー形式によるアンダーライブを経験したことで、最終公演のステージではより逞しく成長した姿をファンに提示。「私たちが乃木坂46の未来を作っていくんだ」という強い意志も各曲から伝わり、アンダーライブの新章にふさわしい、見応えのあるステージが展開された。
 「ここから一緒に宝物を作っていきましょう!」という黒見明香の力強い影アナに続いて、ライブは繊細で感傷的なピアノインストからスタート。通常なら「Overture」から勢いよく始まる乃木坂46のライブとは一線を画するオープニングも、実にアンダーライブのネクストステージにふさわしい。ピアノインストが徐々に盛り上がりを見せる中、中村がひとりステージに姿を現すと、アカペラで「アンダー」の一節を歌い始める。会場が暖かい拍手に包まれると、改めて曲冒頭から歌い始め、そんな中村に寄り添うようにほかのメンバーが加わっていく。そして、全員が揃ったところで、この10人ならではの力強い歌声を響かせた。
 通常とは異なるオープニングで観る者の心を鷲掴みにすると、そのまま「三角の空き地」へと移行。切なさの中に力強さもしっかり備わったパフォーマンスからは、アンダーライブを築き上げた先輩たちの背中を見て育った現メンバーによる、歴史を継承しようとする強い意志が伝わる。その後も「滑走路」「嫉妬の権利」とアンダー楽曲が立て続けに披露され、ライブ序盤からエモーショナルなステージが展開された。
 ノリのよいBGMに乗せて向井葉月が「私たち10人が乃木坂46に新しい風を吹かせ、そして皆さんを光輝く未来へとつれていきます!」と力強く宣言すると、3期生楽曲「三番目の風」、4期生楽曲「4番目の光」を歌唱。各期ごとの大切な楽曲だが、3期生と4期生のみで構成される今のアンダーメンバーだからこその強い思いも伝わる選曲に、観客もペンライトを力強く振ることでその思いに応えていく。さらに、「Under's Love」では今年卒業した和田まあやの意思を継ぎ、激しさと同時に指先にまで神経の行き届いたダンスでこの曲を見事に表現してみせた。
 MCでは、ツアー中の怪我でいくつかの公演を休演していた北川悠理がこの日から復帰したことに触れ、「こうしてステージに立てて本当に、本当にうれしいです」と感極まる北川に客席から温かな拍手が送られる。矢久保美緒や伊藤理々杏、向井が本日の公演への意気込みを口にしたあとは、ユニットブロックに突入。まずは吉田綾乃クリスティー、佐藤璃果、中村が「路面電車の街」をしっとりと聴かせると、続く「満月が消えた」では北川、佐藤楓、松尾美佑が激しいロックダンスを交えてパフォーマンス。「行くあてのない僕たち」では黒見と矢久保が力強い歌声を響かせ、「コウモリよ」では激しいメタルサウンドに乗せて伊藤と向井がパワフルなダンスと圧巻のボーカルワークで観る者を圧倒させる。この曲では黒見と矢久保もダンス&合いの手で華を添え、ユニットブロックを盛大に盛り上げた。
 今回のアンダーライブでは公演ごとに、メンバーがひとりずつ決意表明を告げる場面が用意された。最終日は松尾の番で、彼女は過去の葛藤を吐露しつつも「私は今が常に一番楽しいです。今を楽しむことに精一杯で、その先のことに不安を感じることも忘れてしまったりします。下を向くわけでも、上を見るわけでもなく、私は今自分が見えている景色を全力で楽しみながら、歩いたり走ったり、マイペースに自分の道を進んでいこうと思っています」と宣言。そんな頼もしい言葉に、フロアからは盛大な拍手が送られた。
 10人の歌声にスポットを当てるブロックでは「明日がある理由」「いつかできるから今日できる」を披露。メンバー1人ひとりのソロパートが用意されることで、彼女たちの歌い手としての成長もじっくり感じ取ることができたことだろう。その後、クリスマス目前ということもあり、メンバーがサンタ帽を被った「Am I Loving?」では、曲中にタップダンスやカップスパフォーマンスを交えた見応えのある演出も用意。さらに、「13日の金曜日」「初恋の人を今でも」ではクリスマス色を強めたアレンジで多幸感が増していき、「全部 夢のまま」でライブはついにクライマックスを迎えた。
 観客へのクリスマスプレゼント抽選会で会場が再び緩やかな空気に包まれると、佐藤璃果の「ここからはラストスパート。私たちの熱い気持ちを受け取ってください」というメッセージに続いて、「Overture」をEDM調にリミックスしたトラックに乗せてメンバー1人ひとりがパワフルなダンスを見せていく。その流れから「マシンガンレイン」へと続くと、王道感の強いアンダーライブパートへと突入する。「届かなくたって…」「錆びたコンパス」と近年のアンダー楽曲で会場の熱量が高まると、その熱気も「日常」で最高潮を迎える。
 いよいよ最後の曲という場面で、座長の中村は「たくさんライブをしてきたり、先輩の姿を見てきて、みんなすごいなと思うことがたくさんあって。私に何か特別に突き抜けた才能なんてないのかなと思ったりもしています。でも、頑張り続けること、努力し続けることは絶対に諦めませんでした。こうして私たちのことを必要としてくれている皆さんがいるから、私たちはここに立てているし、胸を張って『乃木坂46です』と言えることができます。これからも頑張り続けるので、ぜひ私たちについてきてくれたらうれしいです」と、今回のアンダーライブにかける熱意を客席に届けていく。そして、「そんなたくさんの思いを込めて。最後の曲、聴いてください」と告げてから、最新アンダー楽曲「悪い成分」で現アンダーメンバーのベストパフォーマンスを叩きつけてライブ本編を終えた。
 そんなストロングスタイルのライブ本編を経て、アンコールでは「好きというのはロックだぜ!」で明るく元気な姿を見せるアンダーメンバー。ライブTシャツ姿に着替えた彼女たちは、タオル片手にステージ中をところ狭しと動き回り、会場中のファンに向けてレスを送る。かと思えば、「ごめんねFingers crossed」では緻密なダンスを息の合ったパフォーマンスで見事に表現し、「おいでシャンプー」で再度多幸感を高めていく。
 最後のMCでは中村や佐藤璃果がライブの感想を口にする中、佐藤楓は自身が前回出演した【29thSGアンダーライブ】を超えることを目標に日々向き合ってきたと明かし、「今回はそれができたんじゃないかなと思います」と告げてから大声で「みんな、ブラボー!」と叫び、会場をポジティブな空気で包み込んだ。そして、最後に「乃木坂の詩」でこの日最高の一体感を作り上げて、全9公演におよぶ【31stSG アンダーライブ】を大成功のうちに締めくくった。
 3、4期生のみで作り上げたアンダーライブを完遂したことは、ここから先頭に立ってグループを牽引していくことになる彼女たちにとって、大きな手応えとなったことだろう。この経験が今後どのような影響を及ぼすのか、2023年も乃木坂46の動向にぜひ注目していただきたい。
Text by 西廣智一

あわせて読みたい

  • 和田まあや(乃木坂46)、最後のアンダーライブで涙ながらに感謝「皆さんと出会えたことがすごく幸せ」

    和田まあや(乃木坂46)、最後のアンダーライブで涙ながらに感謝「皆さんと出会えたことがすごく幸せ」

    Billboard JAPAN

    10/7

    <ライブレポート>乃木坂46・4期生ライブ、新世代の絆を感じさせるパフォーマンス 新曲「Out of the blue」初披露も

    <ライブレポート>乃木坂46・4期生ライブ、新世代の絆を感じさせるパフォーマンス 新曲「Out of the blue」初披露も

    Billboard JAPAN

    12/8

  • 乃木坂46、ベストアルバム『Time flies』詳細発表 約150分ドキュメンタリーやメンバー生写真なども

    乃木坂46、ベストアルバム『Time flies』詳細発表 約150分ドキュメンタリーやメンバー生写真なども

    Billboard JAPAN

    11/19

    乃木坂46で選抜入りゼロも…… 「将来のセンターになれる逸材」と評価急上昇のアイドルは?

    乃木坂46で選抜入りゼロも…… 「将来のセンターになれる逸材」と評価急上昇のアイドルは?

    週刊朝日

    10/1

  • 『乃木坂46時間TV』視聴者数800万人で大成功 桜井「沢山の繋がりやファンの方の支えがあったから」

    『乃木坂46時間TV』視聴者数800万人で大成功 桜井「沢山の繋がりやファンの方の支えがあったから」

    Billboard JAPAN

    2/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す