フォールズ、今夏リリース予定の最新ALから高揚感溢れる「2AM」公開

2022/02/14 14:57

フォールズ、今夏リリース予定の最新ALから高揚感溢れる「2AM」公開
フォールズ、今夏リリース予定の最新ALから高揚感溢れる「2AM」公開


 フォールズが、2019年の2部作『エヴリシング・ノット・セイヴド・ウィル・ビィ・ロスト』以来となる新作からのニュー・シングル「2AM」を公開した。
 新作は2022年夏にリリースされる予定で、タイトルが『Life Is Yours』となることも発表された。「2AM」は、英NME誌が選ぶ2021年のベスト・ソング50曲に選出された「ウェイク・ミー・アップ」に続く、ニュー・アルバムからの先行シングル第二弾となっている。ファンに人気の「マイ・ナンバー」や「イン・ディグリーズ」といった曲にも通じる、ダンス色を帯びたグルーヴと、フォールズらしい華々しいギター・リフによって高揚感溢れる、エネルギーに満ちた楽曲となっている。
 フロントマンのヤニス・フィリッパケスは、「音楽的には、“2AM”は僕たちが今まで書いた中でも指折りにポップな曲なんだ。破壊行動のサイクルが繰り返されてしまうことについて歌っている。多くの人が共感してくれる内容だと思うし、僕自身が闘っているものについての表現であることも確かだね。解放感や解決への希望を感じさせるこのアップビートな音楽でそのような感情を表現すると、カタルシス的なものを感じるんだ」と語っている。
 「2AM」はジョン・ヒル(ポルトガル・ザ・マン、フローレンス+ザ・マシーン、ケイジ・ジ・エレファント)とダン・キャリー(テーム・インパラ、フォンテインズD.C.)がプロデュースを手がけ、バースのリアル・ワールド・スタジオとサウス・ロンドンにあるダン・キャリーのスタジオで録音された。その後、【グラミー賞】を10回受賞したマニー・マロキン(ポスト・マローン、カニエ・ウェスト、リアーナ)によりミックスされている。
 ヤニス・フィリッパケス、ジミー・スミス、ジャック・ビーヴァンからなるフォールズは、ロックダウンで抑圧を感じていた2020年の冬、サウス・ロンドンのリハーサル・スペースでアルバムの曲を書き始めた。現状からの脱却、再生への熱意を込めた、太陽を浴びるように明るいメロディ、別世界に連れていってくれそうな歌詞、それは閉塞感からの脱出だけではなく、ライブ・ショウの興奮がふたたび現実のものとなる未来への窓を開いてくれる楽曲の数々を作り上げた。 
 ニュー・アルバム『Life Is Yours』については近々さらに明らかになる予定だ。2019年に2部作としてリリースされた前作『エヴリシング・ノット・セイヴド・ウィル・ビィ・ロスト』は、フォールズにとって初めての全英1位をもたらし、【ブリット・アワード】で<最優秀グループ>を受賞するという、新たな高みを極める作品となった。
 昨年【オール・ポインツ・イースト】のヘッドライナーを務めるなど短期間のライブ活動を行ったフォールズだが、2022年には待望のツアー復帰を果たす。4月から5月の全英ヘッドライン・ツアーでは、ロンドンのオリンピアでの4日連続公演などが行われる。また、夏のフェスティバル出演も予定されている。
◎リリース情報
配信シングル「2AM」
2022/2/11 RELEASE
https://SonyMusicJapan.lnk.to/FOALS_2am
Photo: Edward Cooke

あわせて読みたい

  • フォールズ、最新作『ライフ・イズ・ユアーズ』は「バンド史上最高にポップなアルバム」

    フォールズ、最新作『ライフ・イズ・ユアーズ』は「バンド史上最高にポップなアルバム」

    Billboard JAPAN

    3/3

    フォールズ、2部作となるニュー・アルバムを発表 新曲MVも公開

    フォールズ、2部作となるニュー・アルバムを発表 新曲MVも公開

    Billboard JAPAN

    1/22

  • フォールズ、6年ぶりのジャパン・ツアーが2020年3月に決定

    フォールズ、6年ぶりのジャパン・ツアーが2020年3月に決定

    Billboard JAPAN

    9/6

    【ブリット・アワード2020】受賞リスト、デイヴ&ルイス・キャパルディが躍進

    【ブリット・アワード2020】受賞リスト、デイヴ&ルイス・キャパルディが躍進

    Billboard JAPAN

    2/19

  • 【米ビルボード・ソング・チャート】リゾが6週連続No.1、ショーン・メンデスが新記録

    【米ビルボード・ソング・チャート】リゾが6週連続No.1、ショーン・メンデスが新記録

    Billboard JAPAN

    10/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す