ルイ・トムリンソン、デビューAL『ウォールズ』発売1周年にタイトル曲のデモ音源公開 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ルイ・トムリンソン、デビューAL『ウォールズ』発売1周年にタイトル曲のデモ音源公開

Billboard JAPAN
ルイ・トムリンソン、デビューAL『ウォールズ』発売1周年にタイトル曲のデモ音源公開

ルイ・トムリンソン、デビューAL『ウォールズ』発売1周年にタイトル曲のデモ音源公開


 2021年1月31日にソロ・デビュー・アルバム『ウォールズ』が発売1周年を迎えたルイ・トムリンソンが、タイトル曲のデモ音源を公開するとともに、ファンとのQ&Aに応じ、アルバムの制作秘話やパンデミック後の予定について語った。

 まず「1stアルバム“ウォールズ”のリリースから1年。あっという間に時間が過ぎてしまってクレイジーだね」と述べたルイは、「このアルバムのツアーをやっと行えるようになったら、信じられないようなものにするね!みんなが(僕のために)してくれたこと全てに心から感謝してるよ!これは僕たちみんなのための日だよ」とファンへメッセージを送った。

 そしてルイは「(記念)グッズを作ろうかと思ったけれど、この日を商売に使うことはしたくなかった。僕たちだけのお祝いにしたかったんだ!だから新しいグッズの発売はもう少し待っててね」と続けた。とあるファンが、中にはリリースの周年などを“手軽に金儲けする”機会として利用しているアーティストもいると指摘すると、ルイは「世の中、欲張りな奴ばかりだ!」と同意している。

 別のファンが、「“ウォールズ”のリリースから1年経って、こうすればよかったと思う部分はある?」と訊くと、ルイは「それはないかな。全てプロセスの一部で、今でも(作品を)とても誇りに思っている」と答えた。また、アルバム収録曲のうち「Kill My Mind」と「Walls」をファンに聞いてもらうことを最も楽しみにしていたとも明かしている。

 さらには、新型コロナウイルス感染拡大により不安な日々を過ごしている人々に対して「正常な日々が戻れば、全てが良くなるということを心に留めておいて」とアドヴァイスし、ツアーに戻りたいかという質問には「安全にできるようになったら、もちろんだよ!!」と現在延期中のワールド・ツアー開催への意欲を見せている。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい