【ビルボード】嵐『This is 嵐』が総合アルバム首位 米津玄師『STRAY SHEEP』が11週ぶりの2位に上昇 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】嵐『This is 嵐』が総合アルバム首位 米津玄師『STRAY SHEEP』が11週ぶりの2位に上昇

Billboard JAPAN
【ビルボード】嵐『This is 嵐』が総合アルバム首位 米津玄師『STRAY SHEEP』が11週ぶりの2位に上昇

【ビルボード】嵐『This is 嵐』が総合アルバム首位 米津玄師『STRAY SHEEP』が11週ぶりの2位に上昇


 2021年1月11日付(集計期間:2020年12月28日~2020年1月3日)の総合アルバム・チャート“HOT Albums”で、2020年12月31日をもって活動休止した嵐の『This is 嵐』が総合首位を獲得した。

 『This is 嵐』はCDセールス12,953枚で同指標2位、ダウンロード数は2,994DLで同指標2位、ルックアップは3位と、バランスよくポイントを積み上げて総合アルバム首位を獲得した。特にダウンロード数を伸ばして、前週比1.8倍以上のポイントを獲得している。また、ベスト・アルバム『5×20 All the BEST!! 1999-2019』も前週の総合34位から当週14位に上昇している。

 総合2位にチャートインしたのは米津玄師の『STRAY SHEEP』で、前週5位から3ランクアップ。11週ぶりの総合2位となった。CDセールス6位、ダウンロード3位、そしてルックアップでは1位を記録して、こちらもバランス良くポイントを獲得している。ルックアップ1位は5週ぶりだ。そして、初週20,252枚を売り上げてCDセールス1位を記録したE-girlsの『E-girls』は総合3位に初登場。3,150DLでダウンロード1位を記録した『FINAL FANTASY XIV: SHADOWBRINGERS - EP3』は、総合8位にチャートインしている。

 当週は集計期間内に『第71回NHK紅白歌合戦』が放送され、初出場となった瑛人が1月1日にリリースした1stアルバム『すっからかん』は総合9位に初登場。そのほか、あいみょん『おいしいパスタがあると聞いて』が前週20位から当週10位、LiSAの『LEO-NiNE』が前週22位から当週12位、miletの『eyes』が前週33位から当週15位、Official髭男dismの『Traveler』が前週39位から当週20位、JUJUの『YOUR STORY』が前週76位から当週35位、MISIAの『MISIA SOUL JAZZ BEST 2020』が前週100位圏外から当週38位など、そのほか多くの出場アーティストの作品が順位を上げた。また、12月30日放送の『第62回 輝く!日本レコード大賞』に出演したUruの『オリオンブルー』も、前週67位から当週30位に上昇している。


◎【HOT Albums】トップ10
1位『This is 嵐』嵐
2位『STRAY SHEEP』米津玄師
3位『E-girls』E-girls
4位『SOUNDTRACKS』Mr.Children
5位『廻廻奇譚/蒼のワルツ』Eve
6位『LoveLive! Sunshine!! Kurosawa Dia First Solo Concert Album ~WHITE FIRST LOVE~』黒澤ダイヤ(小宮有紗) from Aqours
7位『ROMANCE』宮本浩次
8位『FINAL FANTASY XIV: SHADOWBRINGERS - EP3』(ゲーム・ミュージック)
9位『すっからかん』瑛人
10位『おいしいパスタがあると聞いて』あいみょん


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい