androp、“希望の光になることを願って”難病ALSの支援プロジェクトを立ち上げ 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

androp、“希望の光になることを願って”難病ALSの支援プロジェクトを立ち上げ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
androp、“希望の光になることを願って”難病ALSの支援プロジェクトを立ち上げ

androp、“希望の光になることを願って”難病ALSの支援プロジェクトを立ち上げ


 andropと難病ALSと戦う武藤将胤(むとう まさたね)が、ALS支援のプロジェクトを立ち上げた。

 体を動かす運動神経が老化し、徐々に動かなくなっていく難病、ALS(筋萎縮性側索硬化症)。現在治癒のための有効な治療法は確立されておらず、世界で35万人、日本では約1万人が闘っている。

 今回2組はタッグを組み、ALSを支援する楽曲「EVERYONE,CHALLENGER.」を完成させ、このミュージックビデオを制作するための資金を募り、残った金額を全てALSのために寄付する。資金の使い道は、ALS治療薬の研究開発費用を集めるFundraising partnerのせりか基金、WITH ALSのテクノロジー研究開発費、電動車椅子のカーシェアリングサービス維持費を予定しているとのこと。

 クラウドファンディングの募集期間は、11月29日まで。リターンとして、MVのエンドロールへクレジット、12月下旬に開催予定のMV最速視聴できるオンライン配信への参加が用意されている。

 さらに、andropの内澤崇仁が、11月6日のTOKYO FM『FESTIVAL OUT』に出演。その想いとともに楽曲が初オンエアされる。

 なお、現在制作中のデモバージョンは一部試聴可能となっている。



◎武藤将胤 コメント
EYE VDJ MASAこと、WITH ALS武藤 将胤(むとう まさたね)です。
このコロナ禍で先行きが見えない中で懸命に挑み続ける、ALSの仲間をはじめ、
全ての挑戦者に希望のメッセージを届けるために、
このプロジェクトを立上げました。
僕は想いを込めて、視線入力で歌詞を綴りました。
僕らはみんな有限な時間の中で、生きています。
だからこそ、どうかこの一瞬一瞬を大切に、生ききってくださいね。
こんな今だからこそ出来る、自分らしい挑戦を、後悔がないように、続けて行って欲しいと思うのです。
きっとあなたの挑戦が、また誰かの挑戦を励ます力になると僕は信じています。
僕は内澤さんと、この音楽が皆さん1人1人の希望の光となることを願って、全ての挑戦者にお送りします。
クラウドファンディングでの応援も、どうぞよろしくお願いします!

EVERYONE,CHALLENGER.

◎androp 内澤崇仁 コメント
EYE VDJ MASAさんと一緒に楽曲を制作させていただきます。
同じステージで共演してからずっと「いつか一緒に曲を作ろう」というのが互いの夢でした。
MASAさんが目で打ち込んだ歌詞を曲にして、声を失ったMASAさんの想いを乗せて歌わせていただきます。
希望の光になることを願って届けたいと思います。

◎試聴
【LIVE LOVERS × WITH ALS feat. androp】
https://youtu.be/cbIqJD-qIt8

◎クラウドファンディング情報
「ALS支援 LIVE LOVERS × WITH ALS feat. androp」
募集期間:11月29日(日)23:59まで
https://bit.ly/3695zUK

◎放送情報
TOKYO FM『FESTIVAL OUT』
2020年11月6日(金)21:00~21:55
「EVERYONE,CHALLENGER.」楽曲オンエア&内澤崇仁出演日


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい