ジャスティン・ティンバーレイクがプロデュース、『トロールズ ミュージック★パワー』サントラが発売 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ジャスティン・ティンバーレイクがプロデュース、『トロールズ ミュージック★パワー』サントラが発売

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ジャスティン・ティンバーレイクがプロデュース、『トロールズ ミュージック★パワー』サントラが発売

ジャスティン・ティンバーレイクがプロデュース、『トロールズ ミュージック★パワー』サントラが発売


 2020年10月2日より全国公開となる映画『トロールズ ミュージック★パワー』の日本盤オリジナル・サウンドトラックがリリースされた。

 コロナ禍により多くの劇場が閉鎖している環境をうけて、全米では4月10日に劇場とPVOD配信で同時にリリースされた本作は、劇場にて9週連続No.1を樹立し、オンデマンド配信でも初日売上が史上No.1そして500万以上の世帯が視聴するという、大ヒットを記録した(ユニバーサル調べ)。オリジナル版の声優にはアナ・ケンドリック、ジャスティン・ティンバーレイク、ジェームズ・コーデンなど豪華キャストが出演。日本語吹き替え版では上白石萌音とウエンツ瑛士がW主演を務めるほか、仲里依紗やお笑いコンビのミキなど豪華なキャストが集結し、大きな話題を呼んでいる。

 前作に続きジャスティン・ティンバーレイクがオリジナル・サウンドトラックのエグゼクティブ・ミュージック・プロデューサーを務め、シザやアンダーソン・パークをはじめ、アイコナ・ポップ、メアリー・J.ブライジ、ジョージ・クリントン、ケリー・クラークソンら豪華アーティストが参加。「ジ・アザー・サイド」や「ドント・スラック」などのオリジナル楽曲はもちろん、ダフト・パンクの「ワン・モア・タイム」、シンディ・ローパーの「ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン」、スパイス・ガールズの「ワナビー」、PSYの「江南スタイル」など、80年代~現在に至るまで世界中で大ヒットした楽曲カバーが満載だ。

 日本盤はオリジナル・ジャケット仕様となっており、日本盤のデジタル配信にのみボーナストラック3曲が追加収録される。


◎リリース情報
『トロールズ ミュージック★パワー』日本盤オリジナル・サウンドトラック
2020/9/23 RELEASE
SICP-6346 2,400円(tax out.)
※解説・歌詞・対訳付、日本盤オリジナル・ジャケット仕様

◎公開情報
『トロールズ ミュージック★パワー』
2020年10月2日(金)より、全国ロードショー
監督:ウォルト・ドーン
声の出演:アナ・ケンドリック、ジャスティン・ティンバーレイク、ジェームズ・コーデンほか
吹き替えキャスト:上白石萌音、ウエンツ瑛士、仲里依紗、宮野真守、松本梨香、吉野裕行、平田広明、木村昴、斉藤壮馬、浪川大輔、ミキ・昴生、関智一、ミキ・‎亜生、速水奨ほか
配給:東宝東和 ギャガ


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい