松田聖子×財津和夫、37年ぶりの再タッグが実現 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

松田聖子×財津和夫、37年ぶりの再タッグが実現

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
松田聖子×財津和夫、37年ぶりの再タッグが実現

松田聖子×財津和夫、37年ぶりの再タッグが実現


 2020年9月30日発売の松田聖子の40周年記念アルバム『SEIKO MATSUDA 2020』から、新曲「風に向かう一輪の花」の先行配信とそのティザー映像が公開された。

 松田聖子が作詞した本曲の作曲を「夏の扉」や「白いパラソル」、「チェリーブラッサム」、「野ばらのエチュード」など松田聖子の数々の代表曲を手掛けた財津和夫が務めている。両者による作詞・作曲のタッグは「小さなラブソング」以来、実に37年ぶりとなる。

 40周年を迎えるに際し、長い間応援してくれているファンへの感謝の気持ちや、まだまだ進んでいくという決意を松田が書き綴った。松田本人から作曲のオファーを受けた財津和夫は「詞を読んだときに『これはファンに向かって歌う曲なんだな』と確信めいたものがありました。」、「ステージ上でファンの皆様へ向けて聖子さんがこの曲を歌っている姿をイメージしながらメロディを考えました。歌詞にある『まっすぐな気持ち』はファンに向けての言葉だと思いますし、『永遠がうまれる』は聖子さんのカリスマ性を思わせ、『舞う』は三拍子を思わせてくれました。」と語っている。

 松田が考案したアイデアを元に完成した同曲のティザー映像には、松田聖子が好きな新進気鋭のグラフィックデザイナーの塩澤偉史によるイラストが登場。『SEIKO MATSUDA 2020』には松田聖子と大滝詠一の歌声が聴ける「いちご畑でFUN×4」や「セイシェルの夕陽~40th Anniversary~」、「赤いスイートピー English Version」など新曲2曲を含む全10曲が収録され、初回限定盤とUNIVERSAL MUSIC STORE盤にのみボーナストラックとして「瑠璃色の地球 2020 Piano Version」が収録される。


◎松田聖子コメント
皆様にあたたかい応援をいただき、今年、デビュー40周年を迎えることができました。本当にありがとうございました。そして、9月30日に、40周年記念のアルバム『SEIKO MATSUDA 2020』をリリースさせていただくことになりました。このアルバムは、これまでの40年間の輝く想い出と未来への希望が詰まったアルバムです。皆様に聴いていただけましたら幸せです。これからも、いつも感謝の気持ちを胸に頑張っていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。
松田聖子

◎リリース情報
『SEIKO MATSUDA 2020』
2020/9/30 RELEASE
<初回限定盤(SHM-CD+DVD)>
UPCH-29365 4.500円(tax out.)
<通常盤(CD)>
UPCH-20551 3.000円(tax out.)
<UNIVERSAL MUSIC STORE限定生産盤(SHM-CD+グッズ)>
PDCN-1921 5.500円(tax out.)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい