【先ヨミ】山下智久『Nights Cold』が現在シングル首位、アイマス2作がTOP5入り 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【先ヨミ】山下智久『Nights Cold』が現在シングル首位、アイマス2作がTOP5入り

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【先ヨミ】山下智久『Nights Cold』が現在シングル首位、アイマス2作がTOP5入り

【先ヨミ】山下智久『Nights Cold』が現在シングル首位、アイマス2作がTOP5入り


 今週のCDシングル売上レポートから2020年7月13日~7月15日の集計が明らかとなり、山下智久『Nights Cold』が63,581枚を売り上げ、現在首位に立っている。

 山下智久の約1年ぶりとなるシングル『Nights Cold』は、自身もメインキャストの一人として出演する大型国際連続ドラマ『THE HEAD』のエンディングテーマだ。なお、7月15日のリリースに合わせてオリジナルのリリックビデオも公開された。日本語以外にも、中国語(繁体字・簡体字)、インドネシア語、タイ語、韓国語、スペイン語、英語の6言語版も用意され、それぞれを母国語とする国限定で見ることができる。

 2位は、2020年7月20日付(集計期間:2020年7月6日~7月12日)の総合ソングチャート首位&シングルセールス首位に立ったTWICE『Fanfare』で、現在10,663枚を売り上げている。そして、現在10,572枚を売り上げている氷川きよし『母 C/W いつか会えますように』は、前週のシングルセールス45位から一気に追い上げて3位に登場。

 4位と5位にはアイドルマスターの作品『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS STARLIGHT MASTER 40 バベル』と『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS STARLIGHT MASTER for the NEXT! 09 オタク is LOVE!』が続いた。なお、アイドルマスターは15周年を迎え、7月25日、26日に生配信『アイドルマスター15周年生配信~15th Anniversary P@rty!!!!!~』の開催が決定している。


◎Billboard JAPANシングル・セールス集計速報
(2020年7月13日~7月15日の集計)
1位『Nights Cold』山下智久(63,581枚)
2位『Fanfare』TWICE(10,663枚)
3位『母 C/W いつか会えますように』氷川きよし(10,572枚)
4位『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS STARLIGHT MASTER 40 バベル』一ノ瀬志希(CV:藍原ことみ)、二宮飛鳥(CV:青木志貴)(6,096枚)
5位『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS STARLIGHT MASTER for the NEXT! 09 オタク is LOVE!』荒木比奈(CV:田辺留依)、神谷奈緒(CV:松井恵理子)、安部菜々(CV:三宅麻理恵)(4,224枚)

※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用しています


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい