【先ヨミ】AKB48『失恋、ありがとう』が140万枚で現在シングル首位、A.B.C-Zの“ご褒美ソング”が続く 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【先ヨミ】AKB48『失恋、ありがとう』が140万枚で現在シングル首位、A.B.C-Zの“ご褒美ソング”が続く

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【先ヨミ】AKB48『失恋、ありがとう』が140万枚で現在シングル首位、A.B.C-Zの“ご褒美ソング”が続く

【先ヨミ】AKB48『失恋、ありがとう』が140万枚で現在シングル首位、A.B.C-Zの“ご褒美ソング”が続く


 今週のCDシングル売上レポートから2020年3月16日~3月18日の集計が明らかとなり、AKB48の『失恋、ありがとう』が1,403,214枚を売り上げ、現在首位に立っている。

 3月18日にリリースされた本作はAKB48の57thシングルで、表題曲「失恋、ありがとう」のセンターをこの春に高校を卒業する16期生の山内瑞葵が務めている。16日~17日の初動2日間で1,397,201枚を売り上げ、初動3日間では140万枚を突破と、爆発的なスタートを切った。本作は2020年にリリースされたシングルCDの中で最初にミリオンを突破した作品となった。

 『失恋、ありがとう』と同日リリースのA.B.C-Zの8thシングル『チートタイム』は初動3日間で34,694枚を売り上げて、現在2位についている。本曲は、頑張る全ての人達に贈るA.B.C-Zからの応援ソングで、タイトルはキツいダイエットやトレーニング期間中に、1日だけ思う存分食べてストレスを軽減させる“ご褒美タイム”を意味する。そして3月17日にリリースされたHi☆Fiveの『WE CAN FLY』は28,926枚を売り上げて、速報トップ3入りした。Hi☆Fiveは東海地方を中心に活躍する5人組男性グループで、本作は彼らの3枚目のシングル作品だ。

 コブクロが卒業をテーマにした約1年半ぶりのシングルCD『卒業』は初動3日間で21,619枚を売り上げて現在4位に。コブクロは3月21日19時よりTikTokで生配信される「TikTok LIVE」でスペシャルライブを行うことが発表されている。そして2017年9月に結成された女性6人組アイドル、真っ白なキャンバスのメジャー1stシングル『桜色カメラロール』が13,153枚を売り上げて、現在5位に入っている。


◎Billboard JAPANシングルセールス集計速報
(2020年3月16日~3月18日の集計)
1位『失恋、ありがとう』AKB48(1,403,214枚)
2位『チートタイム』A.B.C-Z(34,694枚)
3位『WE CAN FLY』Hi☆Five(28,926枚)
4位『卒業』コブクロ(21,619枚)
5位『桜色カメラロール』真っ白なキャンバス(13,153枚)

※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用しています。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい