【キッズ・チョイス・アワード2020】ジャスティン・ビーバーのパフォーマンス決定 司会はチャンス・ザ・ラッパー 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【キッズ・チョイス・アワード2020】ジャスティン・ビーバーのパフォーマンス決定 司会はチャンス・ザ・ラッパー

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【キッズ・チョイス・アワード2020】ジャスティン・ビーバーのパフォーマンス決定 司会はチャンス・ザ・ラッパー

【キッズ・チョイス・アワード2020】ジャスティン・ビーバーのパフォーマンス決定 司会はチャンス・ザ・ラッパー


 現地時間2020年3月22日に開催される【キッズ・チョイス・アワード2020】(KCA)で、ジャスティン・ビーバーがパフォーマンスを行うことが発表された。ジャスティンは、最新アルバム『チェンジズ』よりミーゴスのクエイヴォとともに「Intentions」を披露する予定となっている。

 今年の授賞式でジャスティンは、<Favorite Male Artist賞>にノミネートされている他、ダン+シェイとのコラボ曲「10,000 Hours」、エド・シーランとタッグを組んだ「I Don't Care」が、<Favorite Music Collaboration賞>の候補に挙がっている。

 2011~2013年、2016年に<Favorite Male Artist賞>を受賞しているジャスティンは、2012年に授賞式で恒例となっている、大量のグリーンのスライムを頭から被るドッキリの洗礼をうけている。

 米LAにて開催予定となっている今年の【KCA】の司会は、チャンス・ザ・ラッパーが務める。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい