『1月9日はなんの日?』ダンスホール・レゲエの帝王、ショーン・ポールの誕生日 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『1月9日はなんの日?』ダンスホール・レゲエの帝王、ショーン・ポールの誕生日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
『1月9日はなんの日?』ダンスホール・レゲエの帝王、ショーン・ポールの誕生日

『1月9日はなんの日?』ダンスホール・レゲエの帝王、ショーン・ポールの誕生日


 1月9日はジャマイカ出身のレゲエ・シンガー、ショーン・ポールの47歳の誕生日。

 ショーン・ポールは1973年1月9日、ジャマイカ・キングストン生まれ。90年代後半からジャマイカ国内での知名度を高め、2001年にジャマイカでリリースしたシングル「ギミー・ザ・ライト」がアメリカまで飛び火し、全米中にその名を知られる存在に。そして、2002年リリースのセカンド・アルバム『ダッティ・ロック』からのシングル「ゲット・ビジー」が、全米ビルボードチャートNo.1の大ヒットを記録し、瞬く間にダンス/レゲエ・シーンでスターダムに躍り出た。また、ヒップホップ/R&Bシーンからも大きなリスペクトを受け、2003年リリースのビヨンセとのコラボ曲「BABY BOY」は、ビルボードチャート9週連続1位というモンスター・ヒットを記録している。さまざまなアーティストとのコラボレーションも積極的に行っており、ジャンルを越えて絶大な人気を獲得した。

 2018年夏にはIsland UK移籍第1弾となるミニ・アルバム『マッド・ラヴ:ザ・プリクエル』をリリース。同作ではエリー・ゴールディング、デヴィッド・ゲッタ、メジャー・レイザー、デュア・リパなどシーン最前線のアーティストたちとコラボレーションを果たし話題に。昨年は北米ツアーのほか、イギリス最大の音楽フェス【グラストンベリー・フェスティバル】への出演を含む欧州ツアーを行うなど、ジャマイカを代表するアーティストとして世界を舞台に活躍を続けている。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい