マオ from SID、【X'mas Premium Live 2019】ファイナルライブレポ 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

マオ from SID、【X'mas Premium Live 2019】ファイナルライブレポ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
マオ from SID、【X'mas Premium Live 2019】ファイナルライブレポ

マオ from SID、【X'mas Premium Live 2019】ファイナルライブレポ

シドのマオがソロプロジェクトの“マオ from SID”名義で12月12日に東京・日本橋三井ホールにて「X'mas Premium Live 2019」を開催した。2日間にわたって行われたスペシャルクリスマスライブは計4公演。前日の11日はアコースティック編成による“箸休めSilent Night”と“箸休めHoly Night”の2公演が行われ、カヴァー曲がふんだんに盛りこまれたセットリスト。“Premium Silent Night”と“Premium Holy Night”と銘打たれた12日は、初披露の新曲を混じえたオリジナル曲の構成で楽しませた。

 ファイナル公演の開演は19時30分。ステージにクリスマスカラーの照明が降り注ぎ、BGMも聖なる夜の雰囲気を演出する中、サポートメンバーとシックな黒の衣装に身を包んだマオがステージに登場した。

 ショーは初のミニアルバム『Maison de M』収録曲のラグジュアリーな夜にピッタリの甘いラブソング「chandelier」で幕を開けた。ジャジーでムーディな「マニキュア」へと移行し、ドラム、ベース、ギター、キーボード、サックス、ヴァイオリン、女性コーラス隊というゴージャスな編成がマオのオトナで洗練された世界観を豊かに彩っていく。

 MCはマオが「メリー!」と呼びかけると客席から「クリスマス!」という声が返ってくる挨拶から。「オシャレしてきた?」と問いかけて上がった声に「僕も今日は生地をキラキラさせてます」と返し、「ソロは時間帯的にも染みてくるような曲が多いので楽しんで帰ってください」と告げた。

 ロマンティックなナンバーや別れを選んだ男女の情景を描いたほろ苦い曲が披露され、音源化されていない「rule」ではハンドクラップで盛り上がり、サックスとギターソロがフィーチャー。エンディングで手を掲げ、ターンをキメたマオのスタイリッシュなパフォーマンスも印象的だった。

 マオを呼ぶ声がだんだん増えていく中、紹介されたのは実力派揃いのサポートミュージシャンたち。ひとりひとりの名前をオーディエンスが呼ぶスタイルで進行していったのだが、マオのいじりもあって和気藹々としたムード。

 ギタリストの友森昭一とベーシストの安達貴史が揃って半ズボン姿だったためマオが「お2人は兄弟ですか?」と突っ込み「僕も今度、夏に(短パンに)挑戦してみようかな」と沸かせたり、ヴァイオリニストの門脇大輔を呼ぶ声援が大きかったことにやや拗ねてみたり。笑いがあふれる中、「何年たっても“キャーッ”という歓声が嬉しい」と笑顔を見せた。

 そして「新曲持ってきました」という言葉とともに中盤で披露されたのはブルーの照明の中、深い場所に吸い込まれるような歌で惹きつけた「深海」。鍵盤とヴァイオリンの音色がマオの声に気持ちよく溶け合い、そのセンシティブで切ない世界に客席も静かに聴き入っていた。

 「あなたへの想いがどこまで潜っても届かない。息が苦しいっていう悲しくて切ないラブソングなんですけれど、最後が朝で終わるのが自分的には気に入っています。僕が歌う曲は悲しい内容ばかりではなく最後にはちょっと希望を持てる。この曲もそういう歌詞にしてみました」

 新曲について語り、みんなにいったん座ってもらい、切なくもドラマティックなラブバラード「最後の恋」、軽快なタッチの「朝帰り」とライブでしか披露されていない曲で魅了し、“朝帰り”というワードからマオが好きなバブル時代のトレンディードラマへの話題へと。リラックスした空気の中、繰り広げられる飾らないトークもソロの醍醐味のひとつだ。当時のドラマを象徴するアイテムとしてバドワイザーとフラワーロックを挙げてみたもののジェネレーションギャップのためか「知らないか?」とやや落胆気味!?

瞬く間に後半戦に突入し、これも初披露の新曲「Closet」は、レトロで哀愁のあるメロディとジャジーで躍動感のあるサウンドがマオらしいナンバーで場内の温度は上昇。ギターリフで持っていく8ビートのロックンロール「不埒な体温」では、モニターに足をかけてシャウト気味に歌い、声援に耳を当てるジェスチャーでアグレッシヴに煽るパフォーマンスに客席もエキサイト。その熱いリアクションのせいか、いつかソロでスタンディングのライブもやってみたいという発言も飛び出した。

 「寂しいね。もうすぐ終わりだね。一緒に朝帰りしたいね。ソロを始めた頃のことをよく思い出すんですけど、いろいろな声がありました。その声をちゃんと受け止めて前に進んだ結果が今やれていることなのかなと思います。シドという母体のバンドがありますが、よかったらソロも応援してくれたら嬉しいです」と明希、ゆうや、Shinjiの近況についても言及し、シティポップ感が心地いい「サヨナララスト」では客席にマイクを向け、コール&レスポンス。サポートメンバーのソロ回しも盛り込まれ、大喝采となった。

 あたたかい気持ちになってほしいとミラーボールの光が回る中、ショーの締めくくりに会場を包みこむように歌いあげられたのは名バラード「月」。

 温かく力強い拍手の中、一足早いクリスマスライブにピリオドが打たれ、感謝の言葉を告げたマオは「みんなにプレゼントがあります」と言い残してステージを去った。余韻の残る会場のスクリーンに映し出されたのはマオ from SID史上、最長となる全国ツアー「Acoustic Tour 2020 「箸休めNight」」のスケジュール。思いがけないプレゼントに再び歓声が沸き起こった。


■2019年12月12日(木) 日本橋三井ホール
X’mas Premium Live 2019
<2nd SHOW> Premium Holy Night
SET LIST
01. chandelier
02. マニキュア
03. 星
04. 違う果実
05. rule
06. 深海
07. 最後の恋
08. 朝帰り
09. Closet
10. 不埒な体温
11. サヨナララスト
12. 月


photo:今元秀明


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい