ビリー・アイリッシュ、アリシア・キーズと「Ocean Eyes」をデュエット 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ビリー・アイリッシュ、アリシア・キーズと「Ocean Eyes」をデュエット

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ビリー・アイリッシュ、アリシア・キーズと「Ocean Eyes」をデュエット

ビリー・アイリッシュ、アリシア・キーズと「Ocean Eyes」をデュエット


 現地時間2019年12月9日、米人気トーク番組『レイトx2ショーwithジェームズ・コーデン』にビリー・アイリッシュが出演し、アリシア・キーズと「Ocean Eyes」をデュエットした。

 番組司会ジェームズ・コーデンの代役として、この日ゲスト・ホストを務めていたアリシアはトークの冒頭で「大、大ファン」であることをビリーに伝え、彼女の「Ocean Eyes」をカヴァーし、インスタグラムに投稿したことについて触れた。

 するとビリーは、「見たよ……ものすごくクレイジーだった!」と述べ、「不思議な感覚だった。色々な人が(自分の曲を)カヴァーしているのをよく見るし、あの曲のカヴァーもよく見る。それに私はあなたにずっと憧れていたから、あなたの動画もよく見ている。でも自分にとって普通な2つのことが組み合わさったら、全然普通じゃなくて」と説明した。

 そしてビリーからアリシアへサプライズとして、「Ocean Eyes」がレコーディングされる約1年前、当時12歳だった頃に地元のタレント・ショーでアリシアの代表曲「Fallin'」をカヴァーした際のホーム・ビデオが公開された。ビデオには、アメリカの国旗のトップスを着たブロンド・ヘアのビリーが、ピアノを弾き語りしながら曲を熱唱する姿が映っており、これを見たアリシアは大興奮。ビリーの手を握りながら「近々、次の(カヴァー)を一緒にやろうね」と約束した。

 また6部門にノミネートされている来月開催の【グラミー賞】について訊かれたビリーが「興奮しているし、ナーヴァスだし、様々な感情が駆け巡っている」と話したことから、アリシアは自身が司会を務めていることもあり「あなたの面倒はちゃんと見てあげるから大丈夫」と自分が初めて【グラミー賞】に出席した時のエピソードを織り交ぜながら、彼女を安心させた。

 トークが終わると、約束通りビリーとアリシアは「Ocean Eyes」をデュエット。まずアリシアがピアノを弾きながら最初のヴァースを披露すると、ソファに座ったビリーが次のヴァースを担当し、ラストは見事なハーモニーでパフォーマンスを締めくくった。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい