<コラム>タキシード&ザップ来日記念 ~ブギーの再興がもたらした最もエキサイティングな瞬間 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

<コラム>タキシード&ザップ来日記念 ~ブギーの再興がもたらした最もエキサイティングな瞬間

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
<コラム>タキシード&ザップ来日記念 ~ブギーの再興がもたらした最もエキサイティングな瞬間

<コラム>タキシード&ザップ来日記念 ~ブギーの再興がもたらした最もエキサイティングな瞬間


日本での共演が発端となった「Shy」

 デイム・ファンクのデビュー・アルバム『Toeachizown』(2009年)に端を発し、その後ダフト・パンク「Get Lucky」(2013年)~マーク・ロンソン「Uptown Funk」(2015年)~ブルーノ・マーズ「24K Magic」(2017年)と、次々とグラミー賞最優秀レコード賞受賞作品を生み出すまでに発展していったモダン・ファンク/ブギーのリヴァイヴァル。モーファンク、オメガ・シュプリーム、ヴォルテールといった現行ブギーに特化したインディペンデント・レーベルの活性化もあってその熱気は一向に衰える気配がなく、ここ数年はすっかり安定期に入った印象がある。

 こうした状況下、まもなく10年を迎えるこのムーヴメントのひとつの到達点として感慨を覚えたのが、『SUMMER SONIC 2015』の「Billboard JAPAN Party!」での共演が発端となったタキシードとザップのコラボ・シングル「Shy」(2018年)だ。メイヤー・ホーソーンとジェイク・ワンのコンビで2013年に『Tuxedo EP』でデビュー後、往年のモダン・ファンク/ブギーの魅力を西海岸ヒップホップ/G・ファンクのフィルターを通して現代的なフォルムへと昇華、事実上現行ブギー・シーンの牽引者となったタキシード。そして、故ロジャー・トラウトマン操るトークボックスなどのテクノロジーを駆使して伝統的なブラック・ミュージックを持ち前のストリート感覚で表現、80年代から現在に至るまで精力的な活動を展開してヒップホップ世代からも絶対的なリスペクトを得ているザップ。「Shy」における新旧のファンクを代表する両雄の融合/交歓は、デイム・ファンクとスティーヴ・アーリントン(スレイヴ)の共演アルバム『Higher』(2013年)と共にブギーの再興がもたらした最もエキサイティングな瞬間だったといっていいだろう。

「真髄」を突きつけるパフォーマンス

 そんなタキシードとザップが、昨年の7月に続いて再び同時期に来日公演を開催する。タキシードが11月、そしてザップが12月。2019年の年末はファンクで盛大に締めくくろう、というわけだ。

 タキシードにしてもザップにしてもコンスタントに日本に訪れてはいるが、今回の来日は共に絶好のタイミングといえる。まずタキシードは、7月にリリースされた集大成的サード・アルバム『Tuxedo III』を発表後初めてのバンド・セットでの来日公演ということで見どころだらけのステージになることは確実。シック、コン・ファンク・シャン、アイズレー・ブラザーズ、ジャム& ルイスなど、これまで以上にモチーフをわかりやすく打ち出してきた新作の楽曲群のパフォームはまちがいなく彼ら一流の遊び心に富んだものになるだろうし、話題の「Vibrations」のニュー・ジャック・スウィング・リミックスやシー・ロー・グリーンをフィーチャーした新曲「Get The Money」等サプライズも大いにあり得る。

 一方のザップにしても、昨年10月に発表した実に17年ぶりのニュー・アルバム『Zapp VII:Roger & Friends』リリース後初の来日になる。ブルーノ・マーズ「24K Magic」への参加で一躍注目を集めたバイロン“ミスター・トークボックス”チェンバース以下、スヌープ・ドッグ、コラプト、フランキー・J など、ヒップホップ・ジェネレーションとのコラボを軸に据えていたアルバムの内容からすると、従来よりも自分たちが築き上げてきた「歴史」「継承」を強く意識させるパフォーマンスが期待できそうだ。年の瀬~カウントダウン公演ならではのサービス精神が加味されることを考えてみても、ファンクを超えたブラック・エンターテインメントの真髄を強烈に突きつけてくるステージになるのは必至だろう。

Text:高橋芳朗


◎公演情報
【タキシード】
2019年11月4日(月・振休)
ビルボードライブ大阪
1stステージ 開場15:30 開演16:30
2ndステージ 開場18:30 開演19:30

2019年11月6日(水)- 7日(木)
ビルボードライブ東京
1stステージ 開場17:30 開演18:30
2ndステージ 開場20:30 開演21:30


【ザップ DISCO & FUNK PARTY featuring Zapp】
2019年12月28日(土)
ビルボードライブ大阪
1stステージ 開場15:30 開演16:30
2ndステージ 開場18:30 開演19:30

2019年12月30日(月)- 31日(火)
ビルボードライブ東京
1stステージ 開場17:30 開演18:30
2ndステージ 開場20:30 開演21:30(※2ndは30日公演のみ)
[COUNTDOWN SHOW](※31日のみ)
開場21:00 開演22:30


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい