別冊ele-king『コーネリアスのすべて』続編が登場、細野晴臣や砂原良徳との対談も 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

別冊ele-king『コーネリアスのすべて』続編が登場、細野晴臣や砂原良徳との対談も

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
別冊ele-king『コーネリアスのすべて』続編が登場、細野晴臣や砂原良徳との対談も

別冊ele-king『コーネリアスのすべて』続編が登場、細野晴臣や砂原良徳との対談も

『別冊ele-king 続コーネリアスのすべて』が7月31日に刊行される。

 大好評だった『コーネリアスのすべて』の続編となる本著では、ロング・インタビューや秘蔵写真、コレクターズアイテム、細野晴臣や砂原良徳との対談を掲載。ファン必読のロング・インタンビューでは、再発される『The First Question Award』と『Point』にフォーカスした内容となっている。


◎リリース情報
書籍『別冊ele-king 続コーネリアスのすべて』
ISBN:978-4-909483-36-2
発売日:2019年7月31日
税抜価格:1,700円


■目次

PHOTO STORY
写真=濱田晋

LONG INTERVIEW CHAPTER 1
ファースト・アルバムにしていまのところ唯一のポップ・アルバム
 まずは『The First Question Award』について

LONG INTERVIEW CHAPTER 2
いかにして音は削ぎ落され、独自のサウンドが構築されたか
 そして『Point』について 

CROSS TALK
細野晴臣×小山田圭吾「エッセンスとデザイン、日本と海外、水平と垂直 ふたりの類似点と相違点」
砂原良徳×小山田圭吾「いちど全部捨てたところから『LOVEBEAT』も『Point』も生まれた」

INTERVIEWS
堀江博久「1990年代前半は数ヶ月ごとになにかが動いていた」
大野由美子「コーネリアスはクセナキスに近い!?」
あらきゆうこ「コーネリアスというホーム」
辻川幸一郎「認識としての映像」杉原環樹
大西景太「映像による『聞こえ』の手ざわり」
中村勇吾「デジタルの宿命を超える表現」

CRITIQUE, COLUMN
大久保祐子「25年目の『The First Question Award』を聴きながら」
草?洋平「僕の90年代」
野田努「コーネリアス私論、および『Point』について」
イアン・F・マーティン「ポストモダンを背に~『Point』におけるポイント、視点、論点、そして音の点をめぐる考察」
松村正人「音のひとのことば」
畠中実「もうひとつのディメンション~コーネリアスにおけるヴィジュアル・ミュージックとしての映像表現」

ARCHIVES
「『The First Question Award』コレクション」ばるぼら/siloppi


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい