『6月11日はなんの日?』フリージャズの先駆者、オーネット・コールマン 没後4年 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『6月11日はなんの日?』フリージャズの先駆者、オーネット・コールマン 没後4年

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
『6月11日はなんの日?』フリージャズの先駆者、オーネット・コールマン 没後4年

『6月11日はなんの日?』フリージャズの先駆者、オーネット・コールマン 没後4年


 6月11日はアルトサックス奏者、オーネット・コールマンの命日。

 フリージャズの先駆者として知られるジャズ界の巨匠、オーネット・コールマン。1959年に発表した『ジャズ来るべきもの(The Shape of Jazz to Come)』では、その後数十年続く即興ジャズの方向性を決定づけ、1961年の『フリー・ジャズ』では、そのタイトル通り、のちに“フリージャズ”と命名されることになるジャズの新たな方向性を提示した。また、多数のロック・レジェンドたちとも仕事をしており、オノ・ヨーコやルー・リードの作品などに参加している。

 2000年代には同じくジャズ界で活躍する大御所サックス奏者、ソニー・ロリンズとの共演も話題に。また、長きにわたるジャズ界への貢献と功績が認められ、2007年には【グラミー功労賞】を、さらに同年『Sound Grammer』(2006年)で【ピューリッツァー賞】も受賞している。

 コールマンは2015年6月11日、ニューヨークにて心不全により85歳でこの世を去っている。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい