マーク・ロンソン、約4年ぶりの新作『レイト・ナイト・フィーリングス』から新曲公開 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

マーク・ロンソン、約4年ぶりの新作『レイト・ナイト・フィーリングス』から新曲公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
マーク・ロンソン、約4年ぶりの新作『レイト・ナイト・フィーリングス』から新曲公開

マーク・ロンソン、約4年ぶりの新作『レイト・ナイト・フィーリングス』から新曲公開


 マーク・ロンソンが、2019年6月21日発売の新作『レイト・ナイト・フィーリングス』から新曲「ドント・リーヴ・ミー・ロンリー feat. イェバ」を公開した。

 イェバは、これまでにチャンス・ザ・ラッパーやサム・スミス、ルーディメンタルの楽曲に参加しており、今年の【グラミー賞】では<最優秀トラディショナルR&Bパフォーマンス賞>を受賞した新進気鋭の女性シンガーソングライターだ。現在iTunesでアルバムの予約をすると、この新曲に加えて「ナッシング・ブレイクス・ライク・ア・ハート feat. マイリー・サイラス」と「レイト・ナイト・フィーリングス feat. リッキ・リー」も即入手できる。

 2017年にフランス人女優のジョセフィーヌ・デ・ラ・ボームと離婚したマークは、その失恋を元に今までとは違いビートより先に感情を元に曲を作り始めたと言う。パーソナルでメランコリックな感情に溢れ、踊れるビートも合わさった曲たちを本人は“sad bangers(サッド・バンガーズ)”と呼んでおり、それらを収録したのが今作『レイト・ナイト・フィーリングス』だ。「ドント・リーヴ・ミー・ロンリー」も、ストリングスとラテンのビートが融合したサウンドに、彼女のソウルフルで切なさがにじみ出たボーカルが合いまった“サッド・バンガー”に仕上がっている。

 6月21日に国内盤を含め世界同時発売となる本作のジャケット写真は、真っ二つに割れた大きなハート形のミラーボールを用いて“サッド・バンガーズ“を表現。国内盤にはボーナストラックが3曲収録され、さらに対象店舗で国内盤CDを購入した人は、このジャケット写真絵柄のステッカーがもらえる。

◎リリース情報
アルバム『レイト・ナイト・フィーリングス』
2019/6/21 RELEASE
SICP-6115 2,200円(tax out.)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい