Chara/BONNIE PINK/MINMI、それぞれ“母なる地球をつなぐ歌”を披露 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

Chara/BONNIE PINK/MINMI、それぞれ“母なる地球をつなぐ歌”を披露

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
Chara/BONNIE PINK/MINMI、それぞれ“母なる地球をつなぐ歌”を披露

Chara/BONNIE PINK/MINMI、それぞれ“母なる地球をつなぐ歌”を披露


 コンサート【TOKYO FM&JFN present EARTH×HEART(アース・バイ・ハート)LIVE 2019】が、2018年4月15日にTOKYO DOME CITY HALL (TOKYO)で開催された。
その他コンサート画像

 同コンサートは、「アースコンシャス~地球を愛し、感じる心」の理念を象徴しており、TOKYO FMをはじめとするJFN38局が、毎年「アースデー」である4月22日に、世界に向けて放送している一夜限りのプレミアムライブ。第一回の開催から30年目を迎える今回のテーマは、“SONG OF MOTHER EARTH(母なる地球をつなぐ歌)”。このメッセージに共感し、Chara、BONNIE PINK、MINMIが出演した。

 メインアクト一人目には BONNIE PINKが登場。「So Wonderful」「Many Moons Ago」など全6曲を披露し、会場を沸かせた。2017年に第一子を出産したことに触れると会場からは暖かい拍手が起こり、BONNIE PINKは、「母になって、たくましくありたいと思うようになったし、母なる地球にもそうであってほしいと思う」と笑顔で語った。

 また、終盤の「A Perfect sky」では、会場に向け「今日は堅苦しいことは抜きにして楽しんでほしい。そして、ちょっと先の未来に繋がるような日になってほしい」と会場に呼びかけて会場に集まったファンにマイクを向け、会場全体が一体となって盛り上がる。

 ライブの最後には、「自分の原点に戻れる曲」として「Here I Am」を披露。「元号が"令和"に変わるが、新たな時代がピースフルなものになるよう願って歌います」と
コメントし、歓声の中でステージを終えた。

 メインアクト二人目はMINMI。客席ではたくさんの観客が飛び跳ね、MINMIが「地球を感じる準備できてますか!」と呼びかけると、客席からは大きな歓声があがるなど一曲目から大いに会場を盛り上げる。

 ライブ中盤では、「東京のど真ん中だけど、みんなとアースを感じたい」と、会場の照明を消し、観客のスマートフォンのライトで「手作りプラネタリウム」を演出。曲に合わせて揺れるライトの中で「アイラ」を披露し、「自然の中にいると、無限になんでも出来るような気持ちになる。今回は、みんなの頭の中の星空と一緒に歌いました」とコメント。さらに「mother earth~森里川海のうた~」を披露した。

 MINMIは、「今回サブタイトルで「マザーアース」というタイトルがついてます。環境省であるプロジェクトに関わらせていただいており、「森川里海」という曲を作らせていただきました。自然ってお母さんみたいで、離れてみてふと気づくようなものだと思っています。またこの曲を一緒に作っている、私の次男「あいら」も、今回本人たっての希望で、ステージで一緒に歌わせていただきます。皆さんよろしいでしょうか」と、観客席に問いかける。すると会場いっぱいから割れんばかりの拍手が。演奏中はMINMIが引いているキーボードの横に座り、幼いながらも堂々とした様子で歌声を披露。演奏中にも時折二人で目を合わせながら、素晴らしい親子共演を果たした。

 最後にはMINMIから、「BONNIE PINKさんとCharaさんと同じステージに立てて本当に光栄でした。この後の最高のアーティストCharaさんを皆さん最高のバイブスとテンションで迎えてあげてください。今日の出会いがまた私たちのハッピーにつながりますように」というメッセージとともに、ラストの曲「シャナナ☆」を披露した。

 メインアクト三人目のCharaは、鮮やかな黄色の衣装に身を包んで登場。1曲目「JuniorSweet」を披露すると、自然と会場からは手拍子が巻き起こり、心地よいリズムに体を揺らしながら、会場がCharaムードで一体となった。

 曲の間にはお客さんを気遣いながら、「そろそろお腹すいてきましたか。」と問いかけ、会場からは笑いが。3曲目はBASIと「Sweet Night Fever」で共演。演奏終了後には、「スペシャルなBASIがゲストに登場しました。今日ライブが久しぶりな方とかいますか。やっぱり春が最高ですよね。春が大好きなCharaです。私のお庭にミモザがあるんですけど、春には見ごろになるんですよ」とプライベートなエピソードを披露した。

 さらに「なんでも拍手くれるやさしい人たちばかりですね」と笑顔で語り、「私にも子どもが二人いまして、息子が生まれたときに書いた曲があるんですけど、久しぶりに歌いたくなりました。大切なものってやっぱり築き上げていくものだなと思っていて、今日のイベントも似たようなものだと思っています」と、「大切をきずくもの」を披露。最後には「Swallow Butterfly~あいのうた~」や「やさしい気持ち」を披露し、会場が一体になりながら、割れんばかりの拍手の中、【EARTH×HEART(アース・バイ・ハート)LIVE 2019】は幕を閉じた。

 このライブの模様は、アースデーの4月22日、TOKYO FMを始めJFN全国38局で放送されるほか、海外FM局でも放送予定。ライブの利益の一部は、「鎮守の森プロジェクト」に寄付される。



◎セットリスト
【EARTH×HEART(アース・バイ・ハート)LIVE 2019】
2019年4月15日(月)TOKYO DOME CITY HALL(TOKYO)

<BONNIE PINK>
1.So Wonderful
2.Many Moons Ago
3.坂道
4.Tiger Lily
5.A perfect sky
6.Here I Am

<MINMI>
1.シャナナ☆(アカペラ)
2.Lotta Love
3.さくら
4.四季ノ唄
5.If Ain't Got You
6.アイラ
-MC-
7.mother earth
8.シャナナ☆

<Chara>
1.JuniorSweet
2.cat
3.Sweet Night Fever
4.大切をきずくもの
5,swallowtail Butterfly~あいのうた~
6.やさしい気持ち


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい