故ニプシー・ハッスルの殺害犯逮捕、ギャング絡みではなく個人的動機 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

故ニプシー・ハッスルの殺害犯逮捕、ギャング絡みではなく個人的動機

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
故ニプシー・ハッスルの殺害犯逮捕、ギャング絡みではなく個人的動機

故ニプシー・ハッスルの殺害犯逮捕、ギャング絡みではなく個人的動機


 現地時間2019年3月31日に故ニプシー・ハッスルを銃で殺害したとして、エリック・ホルダー(Eric Holder)容疑者が米カリフォルニア州ベルフラワーで逮捕されたと米CBSロサンゼルスが伝えている。

 ロサンゼルス市警察(LAPD)も、「ニプシー・ハッスルを殺害した疑いがあるエリック・ホルダー容疑者を逮捕し、拘留中だ。地域の皆様の高い意識と警戒、そして@LASDHQ(ロサンゼルス郡保安官事務所)のパートナーたちに感謝する」とツイートしている。

 LAPDは4月2日に29歳のホルダーが犯人であることを突き止めたと発表し、殺害現場からの逃走を手助けした身元不明の女性とともに出頭するようテレビ中継を通じて呼びかけていた。警察はニプシーの殺害が個人的な動機によるものでギャング絡みではなかったことを強調し、暴力の連鎖を防ごうと警戒していた。

 警察によると、ニプシーがオーナーのアパレル・ストア“Marathon Clothing”の前で二人の間に“個人的な問題”に関する言い争いが発生した。ホルダーがその場を一旦離れたあと、拳銃を手に現場に戻り、ニプシーを殺害しほか2名を負傷させた。ホルダーはその後、裏通りに停めてあった2016年型シェビー・クルーズに乗り込み、女性共犯者の運転で逃走した。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい