栃木県出身のヒナタとアシュリー、“足ドラム”をフィーチャーした最新ライブ映像公開 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

栃木県出身のヒナタとアシュリー、“足ドラム”をフィーチャーした最新ライブ映像公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

栃木県出身のヒナタとアシュリー、“足ドラム”をフィーチャーした最新ライブ映像公開

栃木県出身のヒナタとアシュリー、“足ドラム”をフィーチャーした最新ライブ映像公開

栃木県出身の2人バンド、ヒナタとアシュリーが最新ライブ映像をYouTubeで公開した。

 ヒナタとアシュリーは、人々の琴線に触れる歌声を持つボーカルのヒナタミユと、ドラムを中心に様々な楽器を操るマルチプレイヤーのトヨシからなる2人組バンド。最近はトヨシが足だけでドラムを叩き(通称足ドラム)、同時にギターを弾くという斬新なライブスタイルも話題になっている。

 この度公開された映像は、3月9日に行われた『まなざしはブルー』発売&結成3周年記念ワンマンライブ栃木の二人編より、「longing」「ネバーソング」の曲だ。

 ヒナタとアシュリーは3月16日に渋谷Star loungeにてレコ発&3周年ワンマン東京編を開催。当日は6人のバンド編成でライブを行うとのことで、前述のアルバム『まなざしはブルー』の楽曲はもちろん、これまでの楽曲群をバンドセットで披露するという。



◎公演情報
『まなざしはブルー』発売&結成3周年記念ワンマンライブ
渋谷六重奏編
日時:2019年3月16日(土)
会場:渋谷Star lounge 東京都渋谷区宇田川町4-7 トウセン宇田川ビル1F
料金:前売3500円/当日4000円 学生1000円引き(前売チケットのみ)
※当日受付にて学生証の提示をお願いする場合あり

◎リリース情報
アルバム『まなざしはブルー』
2019/2/20 RELEASE


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい