星野源が史上初の四冠を達成、【SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2019】が開催

Billboard JAPAN

 【SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2019】が3月7日にNHKホールで行われ、「ARTIST OF THE YEAR」「BEST POP ARTIST」「ALBUM OF THE YEAR」、そして一般投票によって選ばれる「PEOPLE’S CHOICE」の4つの賞を星野源が獲得した。
その他画像

 本イベントは、スペースシャワーTVの視点で1年間の音楽シーンを総括し、様々な音楽コンテンツで功績をあげたアーティストとクリエイターに、感謝と敬意を込めて表彰するアワード。授賞式では全26部門が発表され、主な賞として「VIDEO OF THE YEAR」をRADWIMPS「カタルシスト」(監督:柿本ケンサク) が受賞、2018年を代表する1曲に贈られる「SONG OF THE YEAR」を米津玄師「Lemon」が受賞した。

 授賞式は、前年に引き続きユースケ・サンタマリア、いとうせいこう、きゃりーぱみゅぱみゅの3名が司会を担当。STUTSのパフォーマンスから、きゃりーぱみゅぱみゅが登場し「音ノ国」のパフォーマンスで幕開けした。そして「BEST BREAKTHROUGH ARTIST」を受賞したNulbarich、「BEST ROCK ARTIST」を受賞したWANIMAは、代表曲「シグナル」と新曲「アゲイン」を披露。続いて「BEST GROUP ARTIST」は[ALEXANDROS]が受賞し、「アルペジオ」、「Mosquito Bite」の熱いパフォーマンスで会場を大いに沸かせた。

 そして、あいみょんはロングヒットを記録している「マリーゴールド」「今夜このまま」の2曲を披露し「BEST CREATIVE WORKS」を受賞。なお、米津玄師「Lemon」、あいみょん「マリーゴールド」などのミュージックビデオを手がけた山田智和監督は「BEST VIDEO DIRECTOR」を受賞し、2018年のミュージックシーンを“視覚”で支えた貢献者として称えられた。

 そして今年デビュー30周年を迎える東京スカパラダイスオーケストラが登場し「Paradise Has NO BORDER」を演奏すると、なんとサプライズゲストとして宮本浩次が登場。話題となったコラボレーション楽曲「明日以外すべて燃やせfeat. 宮本浩次」を披露し、「BEST COLLABORATION」を受賞、貫録のステージを繰り広げた。また「BEST MUSIC FILM」を映画『Sounds Like Shit: the story of Hi-STANDARD』が受賞したことを受け、監督の梅田航と共に横山健(Hi-STANDARD)がサプライズ登壇。その後も音楽シーンを網羅すべく幅広いジャンルの受賞者が続々登壇し、宇多田ヒカル、SEKAI NO OWARIからも喜びのメッセージが届くなど会場は終始、感動とサプライズに満ちたものとなった。

 授賞式のラストは、アワード史上初の四冠に輝いた星野源が登場。3,500人のオーディエンスを前に「Pop Virus」、「Week End」の2曲を披露し、会場のボルテージは最高潮に。4時間にもわたる授賞式を大興奮のままに締めくくった。本授賞式の模様はスペースシャワーTVでの生中継に加え、uP!!ライブパスでも生配信。3月21日には、東京ソラマチ内のJ:COM Wonder Studioにて上映会が予定されている。


◎番組情報『SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2019』
2019年3月24日(日)19:00~、4月13日(土)17:00~、4月28日(土)22:00~

◎イベント情報【SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2019上映会】
2019年3月21日(木・祝) 17:00~
J:COM Wonder Studio
無料

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック