沖野修也、音楽生活30周年の記念ライブが決定 エンディア・ダヴェンポート&MONDAY満ちるら盟友が集結 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

沖野修也、音楽生活30周年の記念ライブが決定 エンディア・ダヴェンポート&MONDAY満ちるら盟友が集結

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
沖野修也、音楽生活30周年の記念ライブが決定 エンディア・ダヴェンポート&MONDAY満ちるら盟友が集結

沖野修也、音楽生活30周年の記念ライブが決定 エンディア・ダヴェンポート&MONDAY満ちるら盟友が集結


 今年、音楽生活30周年を迎えた沖野修也のアニヴァーサリー・ライブが4月に東阪ビルボードライブにて開催する。

 Kyoto Jazz Massive、そしてKyoto Jazz Sextetを率いて、音楽プロデューサー/DJなど幅広い活動を展開してきた沖野。その記念すべきステージは、エンディア・ダヴェンポート、MONDAY満ちるという、沖野のキャリアとは切り離せない2人の盟友ボーカリストをフィーチャー。 さらにKyoto Jazz Sextetのメンバー 小泉P克人(ベース)、平戸祐介(キーボード)、Kyoto Jazz Massive Live Setにも参加して来た西岡ヒデロー(パーカッション)、Kyoto Jazz SextetとSOIL&"PIMP"SESSIONSへの参加で知られる栗原健(サックス)、Monday満ちるバンドへの抜擢で頭角を現した若手ドラマー平陸、また、SOIL&"PIMP"SESSIONS のメンバーで、“OKINO JAPAN”と呼ばれる一連の沖野修也のライブ・プロジェクトには欠かせない男、タブゾンビ(トランペット)、という鉄壁の布陣が脇を固める。

 演奏曲は、KJM、KJS、沖野修也ソロ、プロデュース作からMondo Grosso時代の曲を含む歴代ヒット曲のオンパレード。思い出のエピソードと共に熱演が繰り広げられる。ジャズとクラブ・ミュージックの双方を自在に繋ぎ、彼にしか表現できない独自の音楽観とシーン築いてきたパイオニアの足跡を祝す、リマーカブルな一夜。チケットは来週2月21日より先行予約がスタートする。


◎公演概要
【沖野修也(Kyoto Jazz Massive/Kyoto Jazz Sextet)
~音楽生活30 周年記念ライブ
feat. N’Dea Davenport&MONDAY満ちる】

ビルボードライブ東京
2019年4月1日(月)
1stステージ 開場17:30 開演18:30
2ndステージ 開場20:30 開演21:30

ビルボードライブ大阪
2019年4月2日(火)
1stステージ 開場17:30 開演18:30
2ndステージ 開場20:30 開演21:30

〈Member〉
沖野修也
MONDAY 満ちる(vo)
エンディア・ダヴェンポート(vo)
小泉P 克人(b)
西岡ヒデロー(perc)
栗原健(sax)
タブゾンビ from SOIL&"PIMP"SESSIONS(tp)
平戸祐介(key)
平 陸(ds)
沖野好洋(Opening DJ) ※大阪公演のみ出演


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい