インドネシアのゴールデンボンバー【世界音楽放浪記vol.31】

2019/01/21 09:20


2007年から2017年に渡り、J-MELOでは、160の国と地域から届いた視聴者からの投稿(メール、動画、写真など)の集計をしていた。1位に輝いたのは、米国(4回)、インドネシア(3回)、フィリピン(3回)、英国(1回)の4か国だけだ。
初めてインドネシアを訪れたのは2012年。首都・ジャカルタの代表的なモニュメントである「モナス」(国家独立記念塔)広場で開催された「ジャカルタ日本祭り」に、番組司会のMay J.が出演することになった時だ。会場には約2万人の観客に加え、インドネシア政府の閣僚らが集っていた。この年にデビューしたJKT48の初々しいステージングも、いまも脳裏に残っている。

あわせて読みたい

  • AKB48の海外姉妹グループ、JKT48が日本にもたらすインバウンドとは?

    AKB48の海外姉妹グループ、JKT48が日本にもたらすインバウンドとは?

    dot.

    8/28

    AKB48/JKT48 インドネシアでアワード受賞「2016年がJKT48にとって良い年になるよう努力していきます」

    AKB48/JKT48 インドネシアでアワード受賞「2016年がJKT48にとって良い年になるよう努力していきます」

    Billboard JAPAN

    1/28

  • 超特急、ジャカルタに海外“初開通”で現地ファン2000人を魅了 メンバーコメントも到着

    超特急、ジャカルタに海外“初開通”で現地ファン2000人を魅了 メンバーコメントも到着

    Billboard JAPAN

    6/8

    2度も振られた…なかなか乗れないインドネシアの路線とは? <下川裕治のどこへと訊かれて 最終回>
    筆者の顔写真

    下川裕治

    2度も振られた…なかなか乗れないインドネシアの路線とは? <下川裕治のどこへと訊かれて 最終回>

    dot.

    5/3

  • 京大での研究発表【世界音楽放浪記vol.40】

    京大での研究発表【世界音楽放浪記vol.40】

    Billboard JAPAN

    3/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す