EXILE TETSUYAがパフォーマーでも「筋肉痛になるほど楽しい」と語ったお祭りは? 【ふるさと祭り東京2019-日本のまつり・故郷の味-】記者発表が開催

Billboard JAPAN

 2018年12月13日、東京ドームにて【ふるさと祭り東京2019-日本のまつり・故郷の味-】の記者発表が行われ、ナビゲーターを務めるEXILE USA、EXILE TETSUYA、橘ケンチらが登壇した。
記者発表 その他画像

 同イベントは、全国のお祭りやグルメが集結する大祭典。この日は特に注目のお祭りやグルメをピックアップして紹介した。数あるお祭りの中から「ラッセラー、ラッセラー!」と言いながら飛び跳ねる【青森ねぶた祭】が紹介された際、祭に参加したことがあるというTETSUYAが「飛び跳ねまくって次の日はふくらはぎが痛くなりました。」と、パフォーマーでも筋肉痛になるほど楽しんだことを明かした。今年ナビゲーター初参加の橘ケンチは「仲間に入れてほしいです!」と目を輝かせていた。

 グルメ紹介の際には、3人が「ご当地サンド」や「全国ご当地どんぶり選手権」の殿堂入りどんぶり“殿丼”などの絶品グルメを試食。あまりの美味しさに、この日欠席(コメントのみでの登場)したスペシャル・ナビゲーターの小倉智昭へ向け「小倉さんに食べさせてあげたい…」とTETSUYAが気遣う場面も。

 橘ケンチは、「料理もお酒も美味しくて、家族団欒でご飯を食べたり、出し物でお祭りがあったり、1日ここで過ごせると思うので是非沢山の方にご来場していただき、日本の素晴らしさを知ってもらいたいなと思います。」とがコメント。続けてTETSUYAは「僕にとっての毎年の楽しみでもありますし、1番楽しんじゃうんだろうなって思ってます(笑)今年はケンチが参加してくれて、日本酒の知識や色んなことを教えてくれると思うので、一緒に楽しいお祭りにしたいなと思います。」と話した。

 USAは締めくくりに「大勢で来るとシェアしながら色んなものを食べられますし、お祭りも参加するとすっごく楽しいので、是非みなさんで呑んで、食べて、踊って、最高の2019年にしたいなと思います!」と意気込んだ。なお、【ふるさと祭り東京2019-日本のまつり・故郷の味-】は2019年1月11日から1月20日までの10日間、東京ドームで開催される。


◎イベント情報
【ふるさと祭り東京2019-日本のまつり・故郷の味-】
2019年1月11日(金)~1月20日(日)
東京・東京ドーム

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック