【ビルボード】DAOKO×米津「打上花火」がアニメ・チャート26週ぶり首位、ロングヒット曲が続々と浮上 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】DAOKO×米津「打上花火」がアニメ・チャート26週ぶり首位、ロングヒット曲が続々と浮上

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】DAOKO×米津「打上花火」がアニメ・チャート26週ぶり首位、ロングヒット曲が続々と浮上

【ビルボード】DAOKO×米津「打上花火」がアニメ・チャート26週ぶり首位、ロングヒット曲が続々と浮上


 7月16日付(集計期間:7/2~7/8)の“JAPAN Hot Animation”チャートは26週ぶりにDAOKO×米津玄師の「打上花火」(映画『打ち上げ花火、下から見るか?横からみるか?』主題歌)が26週ぶりに首位を獲得した。

 「打上花火」は、ダウンロード、動画の再生回数、ストリーミングで1位を獲得。同曲はエアプレイでも3位の高ポイントを獲得しており、楽曲に接触したリスナーが多かったことから、2018年1月25日付同チャート以来26週ぶりの1位となった。「打上花火」は2017年のリリース以来アニメチャートのTOP10をキープし続けるというロングヒットを記録している。

 続く2位には、福山雅治の「零 -ZERO-」(映画『名探偵コナン ゼロの執行人』主題歌)がチャート・イン。こちらも先週の9位から大きく順位を上げており、Twitterで3位、ストリーミングで4位、ダウンロードで7位とポイントを積み上げている。これは、福山雅治が7月6日のテレビ朝日『ミュージックステーション』、翌日7月7日の日本テレビ『THE MUSIC DAY 伝えたい歌』に出演し、同曲をパフォーマンスしたことがTwitterの話題やダウンロードなどに波及したのではないかと予想できる。

 また、映画『劇場版 うたの☆プリンスさまっ マジLOVEキングダム』よりST☆RISHの「ウルトラブラスト」が6位にチャート・イン。同曲はセールス・ポイントで5位、Twitterでは1位に急上昇している。ST☆RISHのファンにとって「7」という数字が大事にされていることで、Twitterでのつぶやきや応援が今回の結果に繋がったと見られる。また、同じくST☆RISHの「ファンタジック☆プレリュード」も同チャート12位に入っている。


◎【JAPAN Hot Animation】トップ10
1位「打上花火」DAOKO×米津玄師
2位「零 -ZERO-」福山雅治
3位「ピースサイン」米津玄師
4位「ホップ・ステップ・ワーイ!」Aqours
5位「miserable masquerade」古川慎
6位「ウルトラブラスト」ST☆RISH
7位「流星」藍井エイル
8位「ドラえもん」星野源
9位「RAIN」SEKAI NO OWARI
10位「ミライのテーマ」山下達郎


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい