【米ビルボード・ソング・チャート】ドレイクがチャート席巻、TOP10に7曲エントリーでビートルズの記録破る

Billboard JAPAN

 ドレイクの「ナイス・フォー・ホワット」が、3度目の返り咲き首位獲得を果たした、今週の米ビルボード・ソング・チャート。

 6月29日にリリースされた新作『スコーピオン』のリリース効果を受け、通算8週目のNo.1に輝いた「ナイス・フォー・ホワット」。3度目の返り咲きは歴代初で、その他にも今週、様々な記録を打ち立てている。

 まず、今週のアルバム・チャートでNo.1デビューを果たした 本作『スコーピオン』が、 週間7億4,592万回視聴を記録し、歴代最高の初動ストリーミング数を更新。2018年にリリースされたアルバムとしても、最大の初動ユニット数を記録した(732,000ユニット)。

 アルバムのストリーミングを受け、今週のHOT 100チャートには収録曲25曲がすべてランクイン。また、自身がゲストとして参加した、リル・ベイビーの「Yes Indeed」(26位)と、ブロックボーイ・JBの「Look Alive」(44位)の2曲を含めると計27曲で、同一アーティストによるランクイン数としても、歴代最高記録を更新した。ちなみに、前作『モア・ライフ』がデビューした2017年4月8日付チャートでは、 24曲を送り込んでいる。

 1位の「ナイス・フォー・ホワット」他、TOP10に7曲、TOP20位内に12曲、TOP40に計21曲をランクインさせたドレイク。TOP10の7曲中、4曲が初登場したタイトルで、同一アーティストがTOP10内にデビューさせた曲数としても、今年4月にJ.コールが記録した3曲を上回る4曲に更新。TOP20内では、ポスト・マローンが記録した計9曲を超え、こちらも歴代記録を更新した。

 HOT 100にTOP10入りした曲数としては通算31曲目で、リアーナとタイの歴代3位に浮上(1位はマドンナで38曲、2位はビートルズで34曲)。これにより、男性ソロ・アーティストとしては5位のマイケル・ジャクソンを抜き、歴代1位にランクインした。

 ドレイクの快挙達成により、そのマイケル・ジャクソンの記録も更新された。本作『スコーピオン』に収録された「ドント・マター・トゥ・ミー」には、マイケルが1983年に録音した未発表曲がサンプリングされ、フィーチャリング・アーティストとしてもクレジットされている。同曲は今週9位に初登場し、マイケルのTOP10入りも計30曲に更新。ジャスティン・ティンバーレイクとデュエットした「ラヴ・ネヴァー・フェルト・ソー・グッド」(2014年9位)以来、4年振りのランクインを果たした。

 マイケルの死後(2009年6月25日)、HOT 100にランクインした楽曲はその2曲と、エイコンの「ホールド・マイ・ハンド」(2010年39位)、「スレイブ・トゥ・ザ・リズム」 (2010年45位) の計4曲。なお、この記録にはジャクソン5の楽曲は含まれていないため、No.1獲得を果たした「アイ・ウォント・ユー・バック」(1971年)や「ABC」 (1971年) などを含めると、TOP10入りは計38曲となる。ビートルズの記録も、ポール・マッカートニーやジョン・レノンのソロ・タイトルは含まれていない。

 そのビートルズが1964年4月4日付チャートで達成した、上位5曲独占(1位から5位が同一アーティストによる楽曲)は果たすことができなかったが、それでも1位2位を独占し、TOP5中、計3曲をランクインさせたことは大快挙だろう。ちなみに、ワンツーフィニッシュを飾ったアーティストとしては歴代31曲目で、昨年夏にジャスティン・ビーバーが「デスパシート(ルイス・フォンシ&ダディー・ヤンキー)」と「アイム・ザ・ワン(DJキャレド)」で果たして以来、およそ1年振りとなる。

 先週、新たな1位に輝いた、カーディ・Bの「アイ・ライク・イットfeat.バッド・バニー&J.バルヴィン」は3位にダウンしているが、次週はドレイクの勢いもおさまり、再びランクアップする可能性が高い。返り咲きの首位獲得も狙えるだろう。その他、今週TOP10圏外に落ちたエラ・マイ(今週11位)や、ジュース・ワールド(16位)なども再ランクインすると思われる。同じような記録を打ち立てた、ポスト・マローンやJ・コールも、アルバム・リリースの翌週は、上位にランクインした楽曲が一気にランクダウンした。


Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、7月13日予定となります。

◎【Hot100】トップ10
1位「ナイス・フォー・ホワット」ドレイク
2位「ノンストップ」ドレイク
3位「アイ・ライク・イット」カーディ・B feat. J.バルヴィン&バッド・バニー
4位「ゴッズ・プラン」ドレイク
5位「ガールズ・ライク・ユー」マルーン5feat.カーディ・B
6位「イン・マイ・フィーリングス」ドレイク
7位「アイム・アプセット」ドレイク
8位「エモーションレス」ドレイク
9位「ドント・マター・トゥ・ミー」ドレイクfeat.マイケル・ジャクソン
10位「SAD!」XXXTentacion

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック