『パンク侍、斬られて候』豊川悦司、染谷将太、永瀬正敏が作品の破天荒ぶりを語る 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『パンク侍、斬られて候』豊川悦司、染谷将太、永瀬正敏が作品の破天荒ぶりを語る

Billboard JAPAN
『パンク侍、斬られて候』豊川悦司、染谷将太、永瀬正敏が作品の破天荒ぶりを語る

『パンク侍、斬られて候』豊川悦司、染谷将太、永瀬正敏が作品の破天荒ぶりを語る


 2018年6月30日公開の映画『パンク侍、斬られて候』に出演するキャストたちが、本作が今まで見たこともないような、前代未聞の作品になることを明かした。

 物語の舞台となる黒和藩の主席家老で、超絶に腹黒い内藤帯刀を演じた豊川悦司は、「固定観念に縛られないといういうのか、大きな枠組みとしては時代劇という設定はあるんですが、そこに縛られずにセリフやト書きも世界観も大きく飛躍していく。それがこの作品の凄いところなんです。かなり挑戦的で、野心ある作品だと思います」と語り、本作がこれまでにない作品になることを話す。黒和藩の武士で、超ゆとり世代な侍幕暮孫兵衛を演じた染谷将太は、「日々撮影をしてゆく中で、台本から全く想像できないようなものが毎日生まれていくのが刺激的で最高でした。監督は途中まで『正統派時代劇でいきたい! これは黒澤映画だ!』と仰っていたんですけど、初めから正統派時代劇ではなかったんですよ。それがいい意味で破綻していて面白かったです(笑)」と、撮影の時点で驚きの連続だったことを明かす。

 本作では、江戸時代を舞台にしながらも、今っぽい口語による滑稽な会話、綾野剛演じる主人公の掛ら個性的なキャラクターたち、そして誰も予測できないストーリー展開が待っている。しかし、本作のキャストたちが、口を揃えて“今までみたことのない”作品だと話しており、いったいどんな作品に仕上がっているのか期待を呼んでいる。謎の猿将軍を演じた永瀬正敏は「一言ではカテゴライズできない映画です。ラブストーリーでもあるし、時代劇でもあるし、アクション映画でもある。加えて現代の社会問題を捉えた作品でもある。これぞニューシネマと呼ぶに相応しいのではないでしょうか」と話しており、一言では言い表すことができない前代未聞の作品であることを明かした。

 監督の石井岳龍は「原作を咀嚼し、スタッフ、キャスト全員でより映画娯楽的な進化を目指しました。主人公の掛十之進を中心にしたキャラクターの濃い登場人物たち、そして猿軍団と狂集団との対決もあり、そして現代の社会を手ほどきしていくという、非常によくばりな作品なんです」と語り、原作をベースにしつつもより一層魅力的に仕上げる努力をしたことを語った。極限の個性を爆発する『パンク侍、斬られて候』は6月30日(土)より公開。


◎公開情報
『パンク侍、斬られて候』
2018年6月30日(土)より、全国ロードショー
監督:石井岳龍
脚本:宮藤官九郎
出演:綾野剛、北川景子、東出昌大、染谷将太、浅野忠信、永瀬正敏ほか
配給:東映
(C)エイベックス通信放送


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい