ばってん少女隊、初の生バンドを背負ってのワンマンライブ大成功 9月からの秋ツアーもサプライズ発表 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ばってん少女隊、初の生バンドを背負ってのワンマンライブ大成功 9月からの秋ツアーもサプライズ発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ばってん少女隊、初の生バンドを背負ってのワンマンライブ大成功 9月からの秋ツアーもサプライズ発表

ばってん少女隊、初の生バンドを背負ってのワンマンライブ大成功 9月からの秋ツアーもサプライズ発表


 ばってん少女隊が、初の生バンドを背にしたワンマンライブ【5.19ZEPP DIVERCITY大会~博多美少女上京物語~】を開催した。
ばってん少女隊 ライブ写真(全4枚)

 年末のワンマンライブで生バンドを背負ってのライブと発表して以来、遂に迎えた記念すべきライブという事もあり、ライブ前から会場に詰めかけたファンの熱気は高い状態の中、ステージ上には この日のステージの為に集められたすぺしゃるなバンドのメンバー(4106xxx(b.) 會田茂一(Gt.)柏倉隆史(Dr.)中村圭作(Key.)NARI(sax.)シーサー(Tp.)が登場しインスト曲「but-show TiME」がスタート、最強メンバーによる圧巻の演奏の中、格好良さとキュートさを兼ね備えた衣装を纏ったメンバー6名がステージ上に。そのまま、ばってん少女隊のキラーチューン「おっしょい!」からライブはスタート、会場の熱気は一気にピークに達し、その後も「よかよかダンス」「ばってん少女。」と怒涛のアッパーナンバーのパフォーマンスを見せ付けた。

 最新シングル「無敵のビーナス」の歌唱の後、一度バンドメンバーは退出しステージ上はメンバー6名だけになった。4つ打ちディスコナンバー「bye bye bye」を歌唱した後は引き続きアッパーな楽曲をパフォーマンス、「のびしろ行進曲」で恒例の希山愛の紹介パートでの早口言葉にてツアー【ばってん少女隊の、田舎娘3rd~ハカタダンスホールベイベー~】の日程が発表された。

 メンバー、フロアともに歓喜に沸く中、バンドメンバーをステージに呼び込み、西垣有彩のコール&レスポンスのコーナーではバンドメンバーも参加して会場全体が一体となった。再び熱気が最高潮になった中、「びびび美少女」「ますとばい!」「己MYself」を披露、歓声が鳴り止まぬままステージ本編は終了。アンコールは再び「おっしょい!」を含む3曲をパフォーマンス、「ファンの皆さんがいたからこそ今日の最高の音楽を伝えられたと思います。ここにはとどまらず更なる上に皆さんを連れて行きます!」と上田がコメントし、この日最高の拍手と歓声に包まれた。この後、まさかのWアンコールでこの日3度目の「おっしょい!」をパフォーマンス、ステージは終了した。


◎公演情報
【5.19 ZEPP DIVERCITY大会~博多美少女上京物語~】
2018年5月19日(土)
東京・zeppdiver city
<セットリスト>
SE but-show TiME
M1 おっしょい!
M2 よかよかダンス
M3 ばってん少女。
M4 MEGRRY GO ROUND
M5 すぺしゃるでい
M6 無敵のビーナス
M7 bye bye bye
M8 ころりんHAPPY FANTASY
M9 フレッ!フレッ!フレンズ
M10 ススメ!Mighty Girl
M11 のびしろ行進曲
M12 びびび美少女
M13 ますとばい!
M14 己Myself
EN1 乙女ノ手札
EN2 STORM!
EN3 おっしょい!
W EN1 おっしょい!

Photo:小田部怜


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい