水曜日のカンパネラ 神々しく光るコムアイ! 新作EP『ガラパゴス』発売決定で新ビジュアル公開 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

水曜日のカンパネラ 神々しく光るコムアイ! 新作EP『ガラパゴス』発売決定で新ビジュアル公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
水曜日のカンパネラ 神々しく光るコムアイ! 新作EP『ガラパゴス』発売決定で新ビジュアル公開

水曜日のカンパネラ 神々しく光るコムアイ! 新作EP『ガラパゴス』発売決定で新ビジュアル公開


 水曜日のカンパネラが、2018年6月27日にEP『ガラパゴス』をリリースする。
コムアイ画像(全2枚)

 EP『ガラパゴス』は、2017年にデジタルリリースされた【JRA第84回日本ダービー(GI)】タイアップ曲「メロス」、NHK Eテレ『J-MELO』エンディングテーマ「ピカソ」をはじめ、現在OA中のBeats by Dr. DreキャンペーンCMソング「見ざる聞かざる言わざる」、6月23日公開の映画『猫は抱くもの』の劇中歌「キイロのうた」、フランスのアーティストMoodoid(※iはトレマ表記)とコラボレーションした楽曲「マトリョーシカ」、オオルタイチプロデュースの「愛しいものたちへ」など新曲6曲を含む全8曲を収録。CD盤とレコード盤2種類でのリリースとなり、昨年2月にリリースしたアルバム『SUPERMAN』から約1年4か月ぶりのCDリリースとなる。

 iTunes Storeでは『ガラパゴス』のプレオーダーがスタート。各配信サービスにて「見ざる聞かざる言わざる」の先行配信もスタートしている。

 また、新しいアーティスト写真と『ガラパゴス』のジャケット写真も公開。写真撮影を雑誌『装苑』でコムアイを撮影したこともあるカメラマンのtoki、アートデザインを水曜日のカンパネラも参加したREMIXアルバム『加山雄三の新世界』のアートデザインを手がけた河野未彩が担当。一点を見つめるコムアイが神々しく光る神秘的なビジュアル、ジャケット写真はレトロなアジアンテイストのコムアイがユニークなポーズをしているインパクトあるジャケットで、同じ製作陣で対照的な2つのビジュアルを表現している。

 さらに、EPリリース後の週末、6月30日と7月1日には初めてとなる河口湖ステラシアターでのライブ【水曜日のカンパネラ・円形劇場公演】の開催も決定した。オフィシャル先行受付がスタートしている。



◎リリース情報
先行配信シングル「見ざる聞かざる言わざる」
2018/03/23 RELEASE
URL:https://bit.ly/2HYFudk

EP『ガラパゴス』
2018/06/27 RELEASE
<CD>
WPCL-12888 / 2,500円(tax out.)
<アナログ>
WPJL-10103 / 3,500円(tax out.)
【収録曲】
01.かぐや姫
02.南方熊楠
03.ピカソ
04.メロス
05.マトリョーシカ 
06.見ざる聞かざる言わざる
07.愛しいものたちへ
08.キイロのうた

◎ライブ情報
【水曜日のカンパネラ・円形劇場公演】
2018年6月30日(土)・7月1日(日) ※雨天決行・荒天中止
場所:河口湖ステラシアター 野外音楽堂
開場 / 開演:17:00 / 18:00
<チケット>
▼先行チケット
受付期間:3月23日(金)12:00~4月8日(日)23:50
受付URL:https://bit.ly/2py8F0h
大人:5,500円(税込)
高校生~大学生:3,900円(税込)
子供~中学生:2,500円(税込)
お子様:2歳以下は無料。親同伴


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい