AERA dot.

【米ビルボード・ソング・チャート】「デスパシート」が15週目の首位、歴代首位最長記録1位目前に

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

【米ビルボード・ソング・チャート】「デスパシート」が15週目の首位、歴代首位最長記録1位目前に

【米ビルボード・ソング・チャート】「デスパシート」が15週目の首位、歴代首位最長記録1位目前に

 ルイス・フォンシ&ダディ・ヤンキーの「デスパシートfeat.ジャスティン・ビーバー」が、遂に15週目の首位獲得を果たした、今週の米ビルボード・ソング・チャート。


 今週15週目のNo.1獲得を果たしたことで、歴代首位獲得数単独2位に躍り出た「デスパシート」。通算16週で歴代首位を死守しているのは、1995年にリリースされたマライア・キャリーとボーイズIIメンのデュエット曲「ワン・スウィート・デイ」。次週、「デスパシート」が16週目に到達すれば、「ワン・スウィート・デイ」に並ぶ歴代1位タイに浮上する。


 「デスパシート」の対抗馬として上昇しているのが、同曲と並んで2位に停滞し続けている、DJキャレドの「ワイルド・ソーツfeat.リアーナ&ブライソン・テイラー」。先週までは首位とのポイント差があったが、今週はその差を僅差まで縮めた。リアーナも自身のインスタグラムで投稿を呼び掛け、ポイントアップを狙っている。


 また、今週TOP3入りを果たした、新人女性ラッパー、カーディ・Bの「ボダック・イエロー」の動向も見逃せない。というのもこの曲、28位→14位→8位→そして今週は3位まで浮上するという、新人としては異例のヒットを記録しているからだ。ストリーミングのみならず、セールス、エアプレイも安定したポイントを獲得していて、これまでの上昇率からも、次週この曲が首位に到達する可能性も高い。


 さらに、次週のチャートに上位デビューすることが予想される、ジャスティン・ビーバーの新曲「フレンズ」も、次期No.1候補として挙げられる。この曲は、8月17日にサプライズ・リリースされた、ブラッドポップと共作したナンバーで、早くも70か国以上の国と地域でiTunesチャート首位獲得を果たしている。仮に、この曲が次週No.1デビューを果たせば、自身の楽曲に首位の座を明け渡すことになる。ジャスティンは、2016年にも自身のナンバー「ソーリー」と「ラブ・ユアセルフ」で、首位入れ替わりを果たした。


 TOP10以下からは、ワン・ダイレクションのメンバーが上昇中。13位にランクアップしたのは、リアム・ペインのソロ・デビュー曲「ストリップ・ザット・ダウンfeat.クエヴォ」。そして、15位に上昇したのが、ナイル・ホーランの「スロー・ハンズ」。どちらも、急上昇はしていないが、TOP20以内に粘り強くランクインし続け、今週最高位を更新している。


 先週の82位から29位にジャンプアップしたのは、ピンク(P!NK)の復帰シングル「ホワット・アバウト・アス」。先週はリリース前にツイッターなどの反響を受けランクインしたが、今週はセールスやエアプレイのポイントが加算され、一気にランクアップした。また、アメリカの人気のラジオ局がこの曲をヘヴィプレイしていることや、8月16日にミュージック・ビデオが公開されたことから、次週、TOP10入りが期待できそうだ。


 42位には、白い覆面をかぶった謎のアーティスト、マシュメロの新曲「サイレンス」がデビュー。この曲は、人気R&Bシンガーのカリードがフィーチャリング・ゲストとして参加した2017年第5弾シングルで、シングル・チャートでは自己最高位を更新した。マシュメロの正体は、米フィラデルフィア出身のDJ、Dotcom(ドットコム)ということも明らかになっている。



Text:本家一成


※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、8月23日22時以降予定となります。


◎【Hot100】トップ10
1位「デスパシートfeat.ジャスティン・ビーバー」ルイス・フォンシ&ダディ・ヤンキー
2位「ワイルド・ソーツfeat.ブライソン・テイラー&リアーナ」DJキャレド
3位「ボダック・イエロー (Money Moves)」カルディ・B
4位「アンフォゲッタブル」フレンチ・モンタナfeat.スワエ・リー
5位「ビリーヴァー」イマジン・ドラゴンズ
6位「アテンション」チャーリー・プース
7位「ゼアズ・ナッシング・ホールディン・ミー・バック」ショーン・メンデス
8位「ザッツ・ワット・アイ・ライク」ブルーノ・マーズ
9位「シェイプ・オブ・ユー」エド・シーラン
10位「ボディ・ライク・ア・バックロード」サム・ハント


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


このエントリーをはてなブックマークに追加