四星球(スーシンチュウ) 笑いあり涙ありの大感動のドキュメンタリー完結!? 最終回の動画公開 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

四星球(スーシンチュウ) 笑いあり涙ありの大感動のドキュメンタリー完結!? 最終回の動画公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
四星球(スーシンチュウ) 笑いあり涙ありの大感動のドキュメンタリー完結!? 最終回の動画公開

四星球(スーシンチュウ) 笑いあり涙ありの大感動のドキュメンタリー完結!? 最終回の動画公開

 四星球(スーシンチュウ)が、YouTubeに“BBS TV「ASIA REPORT / JAPANESE COMIC-BAND」”と題した動画をアップした。


 これは11月1日よりすでに3本公開されている一連の動画企画の最終回となるもの。自ら発信した「四星球放送局」、メジャーデビューまでの軌跡を地元テレビ局が辿った「うずしおテレビ」、ブレイクした彼らを追った「東京スターテレビ」と回を重ねるごとに知名度が拡大していくストーリーとなっていたが、前回はU太(b&リーダー)が代表を務める法被の会社「法被ぃ☆LIFE」が倒産してしまうという波乱のラストを迎えていた。そして今回、その後の彼らを追って海外のテレビ局が取材にやってくるが、そこにはすでに落ちぶれた彼らの姿が……果たしてどうなる!? という注目の展開(もちろんすべて架空の話)。笑いあり涙ありの大感動のドキュメンタリーがこれにて完結する。



◎動画企画
1.四星球放送局「みんな僕たちのこと、どれくらい知ってますか?」
https://youtu.be/MEz7iXrOrkM


2.うずしおテレビ「四国から全国へ!四星球、メジャーデビューへの軌跡」
https://youtu.be/T-fADcOk9g4


3.東京スターテレビ「特集~関東に上陸、四星球現象とは?」
https://youtu.be/a1PSrMGzOQI


4.BBS TV「ASIA REPORT / JAPANESE COMIC-BAND」
https://youtu.be/GJKekwWaXe0


◎リリース情報
アルバム『メジャーデビューというボケ』
2017/1/25 RELEASE
初回限定盤(CD+DVD):[VIZL-1095] 3,200円(tax out.)
通常盤:[VICL-64704] 2,500円(tax out.)
<CD収録曲>
1.夜明け
2.Mr.Cosmo
3.ボーナストラック
4.ギンヤンマ
5.ハミングが叫んでる
6.HEY!HEY!HEY!に出たかった
7.コミックバンド
8.妖怪泣き笑い
9.我ら吉野川同盟だよね?
10.モリス教授 with T
11.チャーミング
12.四星球十五年史 -上巻-
13.クラーク博士と僕
14.メジャーデビューできなかった曲たちの逆襲
15.オモローネバーノウズ
16.世明け
<初回限定盤付属DVD>
「四星球 vs ハロウィン ~僕たち、年中やってます~」
01.MOONSTAR daSH
02.妖怪泣き笑い
03.<犬の男>
04.蛍の影
05.<あの女>
06.<はやい男>
07.バースデイソング
08.コミックバンド
09.出世作
10.<今からいく男たち>
11.妖怪泣き笑い
12.豪華客船ドロ船号
13.Mr.Cosmo
※2016年10月30日 なんばHatchにてライブ収録


◎ライブ情報
【四星球結成15周年“原点回帰”ワンマン】
1月13日(金) 徳島県 鳴門D-BOX  ※SOLDOUT


【四星球ツアー「楽屋泥棒四星球」×打首獄門同好会「やんごとなきツアー」】
2017年
1月28日(土)兵庫 神戸太陽と虎 ※SOLDOUT
1月29日(日)京都 京都MUSE ※SOLDOUT
2月10日(金)宮城 仙台darwin
2月12日(日)秋田 秋田CLUB SWINDLE
2月17日(金)香川 高松DIME ※SOLDOUT
2月19日(日)福岡 福岡BEAT STATION
3月04日(土)新潟 新潟club RIVERST ※SOLDOUT
3月05日(日)石川 金沢vanvanV4
3月11日(土)北海道 札幌mole ※SOLDOUT


対バンツアー【四星球結成15周年企画 2マンツアー「四星球方向性会議」】
1月14日(土)徳島県 徳島club GRINDHOUSE  w/ BRAHMAN  ※SOLDOUT
2月05日(日)愛知県 名古屋Electric Lady Land  w/ サンボマスター
2月24日(金)高知県 高知X-pt w/ 対バン後日発表


◎イベント出演情報
【渡邉“MOO”宗史氏 追悼メモリアル】
12月17日(土)福島県 CHANNELE SQUARE
【Hi BACK PACK SPECIAL】
12月23日(金)愛媛・松山W studio RED
【ポルノ超特急2016】
12月24日(土)京都パルスプラザ
【COUNTDOWN JAPAN 16-17】
12月28日(水)幕張メッセ国際展示場1~11ホール、イベントホール
【SKULLSHIT presents 骸骨祭りAFTER SHOW】
12月30日(金)東京・渋谷WWW
【KINDAMA'16-'17~謹賀魂~】
12月31日(土)大阪・umeda AKASO 月 梅田CLUB QUATTRO
【ビクターロック祭り番外編 Getting Better Records presents MUSIC TAGS vol.4 ~カロリー高め!東西ガチモリ燃焼系ナイト~】
2月16日(金)大阪・なんばHatch
【ビクターロック祭り2017】
3月18日(土)幕張メッセ国際展示場
【SANUKI ROCK COLOSSEUM~BUSTA CUP 8th round~】
3月19日(日)、3月20日(月・祝)香川県 高松市内会場


◎プロフィール
2002年、北島康雄とU太を中心に鳴門教育大学の音楽サークルで結成、2009年、現在のメンバーとなる。まるで運動会のような型破りのライブパフォーマンスに加え、森羅万象の「あるあるネタ」をロックに昇華させた“泣けるコミックソング”が注目され、2008年より四国最大のロックフェスMONSTER baSHへ出演を重ねるようになる。
2010年代に入り、ある年のMONSTER baSHで四星球のステージをみたマキシマム ザ ホルモンのナヲが、【京都大作戦】を主宰する10-FEET のTAKUMAにその場から携帯電話で興奮と馬鹿らしさと少しの感動をレポート、このことがきっかけで2013年の京都大作戦出演が実現し、さらに、2014年のMONSTER baSHで大トリを務めた四星球のステージを目の当たりしたDragon AshのKjは2015年、自身がキュレーターを務める幕張メッセでのロックフェス「Bowline」に四星球を招聘、彼らの“東京進出”を後押しすることとなった。また、2014年にメジャーデビューしいまや全国を席巻する盟友キュウソネコカミとは数々の名勝負、珍勝負を繰り広げ、四星球への注目度を一躍、高めることにも繋がっている。
バンドのキャリアやセールスに関係なく、ただステージ上の実力だけが問われる群雄割拠のロックシーンに“笑い”という切り札で旋風をおこし、シーンの猛者たちをも虜にしてしまうコミックバンド・四星球。その勢いは2016年の夏、ロックインジャパンやライジングサンへの初参戦により、ついに日本じゅうを射程圏内に入れてしまった。
’10年代の“フェス文化”全国化に伴い、水を得た魚のように活躍の場を広げ始めた四星球。彼らはロックフェスという成熟した“メディア”が生み出した新しいヒーローの姿であり、つまりはこの時代の申し子といえるだろう。10月1日にはわずか10秒間の笑撃音源「時間がないときのRIVER」を配信、話題拡散中!そして2017年1月25日、ついにメジャー進出!


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい