フィフス・ハーモニーがメーガン・トレイナーのサプライズ・カヴァーを披露 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

フィフス・ハーモニーがメーガン・トレイナーのサプライズ・カヴァーを披露

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
フィフス・ハーモニーがメーガン・トレイナーのサプライズ・カヴァーを披露

フィフス・ハーモニーがメーガン・トレイナーのサプライズ・カヴァーを披露

 フィフス・ハーモニーが、現地時間2016年12月9日に行われた【ビルボード・ウーマン・イン・ミュージック・アワード】でメーガン・トレイナーの「Like I'm Gonna Lose You」のサプライズ・カヴァーを披露した。


 本年度の【チャート・トッパー賞】に選出されていたメーガンだが、声帯を休めるようにという医師の診断を受け、授賞式をはじめ、年内残りのツアー全日程をすべてキャンセルしていた。そんなメーガンの代わりに、サプライズでパフォーマンスを行ったフィフス・ハーモニーは、アコースティック・ギターの伴奏のみで、「Like I'm Gonna Lose You」をしっとりを歌い上げた。


 パフォーマンスを終えると、メンバーのダイナ・ジェーンは、「私たち全員のインスピレーションになってくれてありがとう」とメーガンへ感謝の言葉を述べ、「私たちは、あなたのことが大好きよ」と締めくくった。惜しくも授賞式に出演できなかったメーガンは、パネルを使った“無言”の受賞スピーチを行い、ガールズへのお礼を伝えた。


 この模様は、現地時間2016年12月12日に、米ライフタイム・チャンネルで放映される。



◎パフォーマンス・クリップ
https://goo.gl/ip1A1e


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい