山本美月はギャル&伊野尾慧(Hey! Say! JUMP) はチャラ王子に! 映画『ピーチガール』ビジュアル&特報解禁

2016/10/28 12:20

山本美月はギャル&伊野尾慧(Hey! Say! JUMP) はチャラ王子に! 映画『ピーチガール』ビジュアル&特報解禁
山本美月はギャル&伊野尾慧(Hey! Say! JUMP) はチャラ王子に! 映画『ピーチガール』ビジュアル&特報解禁

 累計発行部数1,300万部を超えるウルトラヒット少女コミック『ピーチガール』が、山本美月×伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)のW主演で実写映画化。2017年5月20日の公開へ向け、ポスタービジュアルと特報が公開された。

映画『ピーチガール』ビジュアル

 本作は、見た目は派手だけど中身は超ピュアな女子高生・もも(山本美月)と、学校一のモテ王子・カイリ(伊野尾慧)のラブストーリー。ももは真面目で硬派なさわやか男子・とーじ(真剣佑)に片想いしていたが、ある日、とある勘違いからカイリに一方的にキスをされ学校中の噂に。さらに最強の小悪魔・沙絵(永野芽郁)による恐ろしい罠にはまり、ももの恋は絶体絶命。三角関係は予想もつかない方向へと加速していく。

 ポスタービジュアルは、山本美月、伊野尾慧、真剣佑らの複雑な関係を思わせる、キラキラでポップなビジュアルに。WEB用ポスタービジュアルは、「桃」を手に持つ、まさに「ピーチガール」なもも山本美月のビジュアルとなっている。

 また、公式サイトで公開された特報では、ギャル風な見た目の女子高生に扮した山本美月、ウィンクやハグなどチャラくもキュートな仕草を連発する伊野尾慧、クールで硬派なイケメンに扮した真剣佑という、役になりきったキャスト陣の姿と、キスシーンや後ろからのハグなど胸キュンシーンはもちろん、山本美月から伊野尾慧への“壁ドン”ならぬ“木ドン”、飛び蹴り、伊野尾の“マーキング”といったコミカルでインパクトあるシーンが盛りだくさん。波乱の展開を予感させる、ドキドキ満載の映像となっている。


◎映画『ピーチガール』
2017年5月20日(土)ロードショー
出演:山本美月、伊野尾慧 (Hey! Say! JUMP)、真剣佑、永野芽郁
原作:上田美和『ピーチガール』(講談社『別冊フレンド』刊)
脚本:山岡潤平
音楽:蔦谷好位置(agehasprings)
監督:神徳幸治
配給:松竹
制作:ファインエンターテイメント
(C)2017「ピーチガール」製作委員会(C)上田美和/講談社
<STORY>
元水泳部の安達ももは、日焼けした色黒の肌や、塩素で色が抜けた赤い髪というギャル風な外見のせいで、周囲から「遊んでる」と誤解されてしまうが、中身は超ピュアな女子高生。ももには、とーじという中学時代からずっと片思いをしている相手がいた。ところが入学早々、学校一のモテ王子・カイリにとある勘違いから一方的にキスをされ学校中の噂に。
一方、もものクラスメイトの沙絵は、色白で男ウケ抜群。でもその本性は、ももの欲しがるものを何でも手に入れなくては気が済まない最強最悪の小悪魔!ももがとーじを好きと知るや、横取りすべく巧みな作戦で次々とももを罠にかける。そんなももの絶体絶命のピンチを救ってくれたのは、もものピュアな内面を好きになったカイリだった。全くタイプの違う2人の間で気持ちが激しく揺れ動くもも。果たしてももが最後に選ぶのは――?

あわせて読みたい

  • 山本美月×伊野尾慧W主演の映画『ピーチガール』、原作者・上田美和の描き下ろしビジュアル公開

    山本美月×伊野尾慧W主演の映画『ピーチガール』、原作者・上田美和の描き下ろしビジュアル公開

    Billboard JAPAN

    3/28

    伊野尾慧×神宮寺勇太『anan』表紙に登場、ジェンダーレスな新時代ビューティグラビア

    伊野尾慧×神宮寺勇太『anan』表紙に登場、ジェンダーレスな新時代ビューティグラビア

    Billboard JAPAN

    8/16

  • 伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)『週刊朝日』の表紙&巻頭カラーグラビアに登場

    伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)『週刊朝日』の表紙&巻頭カラーグラビアに登場

    Billboard JAPAN

    7/1

    「週刊朝日」に、伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)が登場!

    「週刊朝日」に、伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)が登場!

    7/1

  • Hey! Say! JUMP伊野尾慧&八乙女光が表紙の『Hanako』、特集は「ハナコの防災ガイドブック」

    Hey! Say! JUMP伊野尾慧&八乙女光が表紙の『Hanako』、特集は「ハナコの防災ガイドブック」

    Billboard JAPAN

    2/16

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す