ジャスティン・ビーバー、パンツの調整に夢中でステージから転落 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ジャスティン・ビーバー、パンツの調整に夢中でステージから転落

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ジャスティン・ビーバー、パンツの調整に夢中でステージから転落

ジャスティン・ビーバー、パンツの調整に夢中でステージから転落

 ジャスティン・ビーバーが6月16日、カナダのサスカトゥーンでの公演中にステージから転落していたことが明らかになった。ビーバーはパンツを直しながらランウェイを歩いていたところ、端まで来たことに気づかず、そのまま落ちてしまったようだ。


 いつもはソーシャル・メディア上で活発なビーバーだが、同公演後には今回の失態について触れていなかった。しかし、ステージから転落する様子を撮影していたファンがいたため、同ビデオがネット上で広まっていったのだ。


 これを受けビーバーは18日、「(“猫に九生あり”にひっかけ)僕は猫なのさ。なかなか死なないんだ(笑)」とツイートした。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい