ザ・ストロークスがジュリアンのレーベルから新作EPを発表、Apple Musicで収録曲3曲試聴可能 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ザ・ストロークスがジュリアンのレーベルから新作EPを発表、Apple Musicで収録曲3曲試聴可能

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ザ・ストロークスがジュリアンのレーベルから新作EPを発表、Apple Musicで収録曲3曲試聴可能

ザ・ストロークスがジュリアンのレーベルから新作EPを発表、Apple Musicで収録曲3曲試聴可能

 ザ・ストロークスがフロントマンのジュリアン・カサブランカスが主宰するレーベル<Cult Records>から4曲入りの新作EP『Future Present Past』を2016年6月3日にリリースする。


 先日ジュリアンがサテライト・ラジオSiriusXMで自身の番組『Culture Void』をスタートするというニュースとともに、突如NYやロンドンでバンドロゴ、レーベルロゴと“FUTURE”、“PRESENT”、“PAST”の言葉が映し出されたティーザー映像などが公開され、新曲のリリースが近いのでは、と噂になっていたザ・ストロークス。


 そして『Culture Void』にて、新曲「OBLIVIUS」が公開され、約3年ぶりの新作となる『Future Present Past』EPのリリースが明らかになった。今作は、ザ・ストロークスの『カムダウン・マシーン』(2013年)、『アングルズ』(2011年)やギタリストのアルバート・ハモンド・ジュニアのソロ作などを手掛けたプロデューサーのガス・オバーグとともにテキサス州オースティンとNYでレコーディングされており、バンド・メンバー5人が集まって行われた約10年ぶりのインタビュー映像も公開されている。


 現在Apple Musicでは「OBLIVIUS」をはじめ、「Drag Queen」、「Threat Of Joy」の3曲が視聴可能となっており、<Cult Records>のウェブサイトでは、LPなどのプレオーダーも行われている。


 ザ・ストロークスは、5月31にNYでライブを行い、6月3日には【Governors Ball 2016】のヘッドライナーを務める。加えて、5月30日~6月5日にかけてポップアップ・ショップがNYにオープンする。


◎『Future Present Past』トラックリスト
1. Drag Queen
2. OBLIVIUS
3. Threat Of Joy
4. OBLIVIUS (Fab Moretti Remix)

◎ザ・ストロークス Apple Music アーティストページ
https://itun.es/jp/HYic

◎A Conversation With The Strokes
https://youtu.be/epCoej5WSAc


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい