SING LIKE TALKING“シング・ライク・ストリングス”公式レポ到着 来年のプレミアライブは夏の野音でホーン隊フィーチャー 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

SING LIKE TALKING“シング・ライク・ストリングス”公式レポ到着 来年のプレミアライブは夏の野音でホーン隊フィーチャー

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
SING LIKE TALKING“シング・ライク・ストリングス”公式レポ到着 来年のプレミアライブは夏の野音でホーン隊フィーチャー

SING LIKE TALKING“シング・ライク・ストリングス”公式レポ到着 来年のプレミアライブは夏の野音でホーン隊フィーチャー

 SING LIKE TALKINGが、10月12日 昭和女子大学 人見記念講堂にて【SING LIKE TALKING Premium LIVE 27/30 シング・ライク・ストリングス】と題したスペシャルライブを開催。その公式ライブレポートが到着した。

SING LIKE TALKING ライブ写真一覧


 前日の大阪公演とこの日だけの、まさにプレミアムなステージとなったこのライブはその名の通り、7人のストリングスをフィーチャーしたこのライブのためだけのアレンジで、最新シングル『Longing~雨のRegret』はもちろん、普段はあまりライブでは演奏しないコアなレパートリーも披露するというもの。それは、彼らの長年のファンにはたまらない内容だったが、同時にSING LIKE TALKINGの音楽の懐の深さ、多彩なサウンドの魅力をあらためて伝えるステージになった。


 また、ストリングスを基調にしたサウンドとなれば、あらたまった調子のゆったりとしたステージになりがちだが、ステージ上のメンバーは全員カジュアルな衣装で登場し、しかも彼らならではのグルーヴィーかつスケールの大きなサウンドを存分に展開。ストリングス音楽の新たな魅力を感じたオーディエンスも少なくなかっただろう。


 アンコールでは、来年の夏にホーン・セクションをフィーチャーしたプレミアム・ライブを日比谷野外大音楽堂で開催することを発表。2018年のデビュー30周年に向けて、あらためて期待が高まる発火点ともなるライブだった。


文:兼田達矢
撮影:多月宏文


◎ライブ【SING LIKE TALKING Premium LIVE 27/30 シング・ライク・ストリングス】
10月12日(月・祝)昭和女子大学 人見記念講堂
01.Find It ~初夏のイメージ印象~
02.Slow Love Down
03.In The Rain
04.月への階段
05.Longing ~雨のRegret~
06.離れずに暖めて
07.Rendezvous
08.Your Love~Interlude~
09.~点し火のように
10.回想の詩
11.It’s City Life
12.Maybe
EN1.止まらぬ想い
EN2.With You
EN3.Spirit Of Love
EN4.Utopia


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい