注目のラッパー、フェティ・ワップがHot Rap Songsチャートで歴史的快挙 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

注目のラッパー、フェティ・ワップがHot Rap Songsチャートで歴史的快挙

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
注目のラッパー、フェティ・ワップがHot Rap Songsチャートで歴史的快挙

注目のラッパー、フェティ・ワップがHot Rap Songsチャートで歴史的快挙

 フェティ・ワップが米ビルボードの最新“Hot Rap Songs”チャート(8月29日付)で「Again」を8位に送り込んだことにより、26年の同チャート史上初めてデビュー・シングルから連続4曲を同時にトップ10入りさせたアーティストとなった。ワップは現在、「Again」の他に「Trap Queen」を2位に、モンティをフィーチャーした「My Way」を3位に、レミー・ボーイズをフィーチャーした「679」を5位にチャートインさせている。


 4曲同時トップ10入りはこれまでに8人のアーティストが達成しているものの、デビュー曲から最初の4曲全てを同時にトップ10入りさせたのはワップが初めてとなる。


 ちなみに4曲同時トップ10入りの快挙は、2005年に初めて50セントが成し遂げた。自身の曲2曲とフィーチャー・アーティストとして参加した1曲がトップ10にチャートインしていたところに、フィーチャリング参加した米ラッパーのゲームの「Hate It or Love It」が16位から10位へ浮上したことで同快挙につながった。


 しかし、初めて自身の曲だけで4曲同時トップ10入りさせたのはT.I.で、2009年のことだ。T.I.はリアーナをフィーチャーした「マイアヒ・ライフ(Live Your Life)」を1位、「ホワットエヴァー・ユー・ライク」を4位、ジェイ・Z&T.I.名義でカニエ・ウェスト&リル・ウェインをフィーチャーした「スワッガー・ライク・アス」を8位、ジャスティン・ティンバーレイクをフィーチャーした「デッド・アンド・ゴーン」を9位につけた。


 なお、ドレイクと50セントは5曲を同時トップ10入りさせた最多記録をともに達成している。


 フェティ・ワップが“Hot Rap Songs”チャートに初登場したのは、2015年1月31日付けチャートに22位で登場した「トラップ・クイーン」だ。同曲は10週目でNo.1をマークすると3週連続で首位に留まった後、25週間にわたり3位圏内をキープした。


 「Again」は“Rap Digital Songs”チャートでは1位に初登場(8万8,000ダウンロード)しており、「My Way」に続き同チャート2度目の首位獲得となった。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい