ファレル、NYファッションウィークで“エコ”な春夏コレクションを発表 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ファレル、NYファッションウィークで“エコ”な春夏コレクションを発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ファレル、NYファッションウィークで“エコ”な春夏コレクションを発表

ファレル、NYファッションウィークで“エコ”な春夏コレクションを発表

 ポップスターのファレルが9月5日、ニューヨークファッションウィークのランウェイに多くのモデルを率いて登場し、彼の“RAW for the Oceans”春夏コレクションを発表した。


 ファレルはトレードマークの帽子とデニム姿で登場した。同アイテムは、リサイクルしたペットボトルの繊維で生地を作り出すG-Star(ジースター)とBIONIC YARN(バイオニックヤーン)社とのコラボによるものだ。


 ファレルは観客に対し、「我々はこの地球に住んでいることを忘れがちだ。この事について、ただ漠然と話すだけでなく実行したかったんだ」と話した。


 会場となった23 Wall Streetの大きなスペースは、薄暗くかすむなかで照明が輝き、天井には芸術的な白いスポットライトが射影されており、BGMにはフランク・オーシャンとジェイ・Zによる曲が流されていた。


 シンガーとして、また、ラッパー、プロデューサーとして大成功を収めているファレルは、これまでずっとファッションに興味があったそうだ。インタビューにて、「本当に素晴らしい企業や人々からチャンスを貰って来たんだ。そこでのクリエイティヴィティや、どうしたら自分自身を表現する新しい方法をさらに見つけることが出来るのか学びたかった」と話した。


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい