デジタルラジオ“SiriusXM Radio”が好調で、業績を上方修正

Billboard JAPAN

 会員数が増加し続けるデジタルラジオのシリウスXMラジオが7月29日、第2四半期の利益を上方修正した。ハリウッド・リポーターが伝えている。


 人気パーソナリティ、ハワード・スターンの超人気番組をもつシリウスは、同期に47万5,000人以上のネット新規会員を獲得、有料会員数は合計2,630万人以上という同社新記録を打ち立てた。


 ちなみに、ストリーミング配信のネットフリックスには6月末時点で3,620人の全米会員がいる。


 ジョン・マローンのリバティメディア管理下にあるシリウスXMは、60%アップした1億3,100万ドルの修正利益を発表。経費上昇のため、修正前利益は4.4%ダウン、収入は9億4,010万ドル(約970億円)から10%増加の10億4,000万ドル(約1,070億円)となった。


 シリウスXMのCEO、ジム・メイヤーは、会社が2014年の年間財政指針を持ち上げたとして、この“驚きの業績”を絶賛している。

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック