阿部真央×高橋優 直球勝負で「側にいて」「誰もいない台所」セッション 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

阿部真央×高橋優 直球勝負で「側にいて」「誰もいない台所」セッション

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
阿部真央×高橋優 直球勝負で「側にいて」「誰もいない台所」セッション

阿部真央×高橋優 直球勝負で「側にいて」「誰もいない台所」セッション

 全国ZEPP5箇所の対バンライブツアー【5th Anniversary 阿部真央らいぶ“ お力添え、願います。” ツアー2014】を開催中の阿部真央。5月14日 ZEPP NAMBA公演では高橋優をゲストアーティストとして招聘した。

阿部真央×高橋優 ライブ写真一覧


 チケットが即ソールドアウトとなったこの公演。まず2400名の観客の前に現れた高橋優は、「本日は阿部真央さんに呼んで頂きました。デビュー前からずっと聴いていた人なので、僕がお力添えいただいてきたのですが、今日はお互いお力添えし合えるライブに出来ればと思います」と話し、全10曲を弾き語りで披露。ステージ脇で高橋優のライブを見ていた阿部真央は、「素敵なライブをして下さって一ファンとして感動しました」と話しつつ、「阿部真央と言えば痛い・暗い・怖い曲」と本人が話す通り、歌詞が胸に突き刺さる弾き語りライブならではのライナップ全9曲を熱唱した。


 それぞれのライブパフォーマンスが終わると、2人は揃って登場。阿部真央は「一緒にステージに立てて嬉しいです。高橋優さんと2人でステージで話ができるのが楽しいです」と話し、最後は阿部真央の「側にいて」と、高橋優の「誰もいない台所」を一夜限りの弾き語りセッション。ギター1本と歌のみ、というまさに直球勝負で幕を閉じた。


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい