なぜ南アフリカがアフリカ最大の観光見本市を開催するのか?/前編 <アフリカン・メドレー> (1/2) 〈アサヒカメラ〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

なぜ南アフリカがアフリカ最大の観光見本市を開催するのか?/前編 <アフリカン・メドレー>

このエントリーをはてなブックマークに追加
INDABAの会場となるインコシ・アルバート・ルツーリ・コンベンション・センター(以下ダーバンICC)は、アフリカ屈指の国際会議場だ。(ダーバンICC・南アフリカ 2016年/Durban ICC,South Africa 2016)

INDABAの会場となるインコシ・アルバート・ルツーリ・コンベンション・センター(以下ダーバンICC)は、アフリカ屈指の国際会議場だ。(ダーバンICC・南アフリカ 2016年/Durban ICC,South Africa 2016)

会場の外には、キャンプカーやサファリ用車両など、アフリカ観光に特化した大型設備の展示が並ぶ。(ダーバンICC・南アフリカ 2016年/Durban ICC,South Africa 2016)

会場の外には、キャンプカーやサファリ用車両など、アフリカ観光に特化した大型設備の展示が並ぶ。(ダーバンICC・南アフリカ 2016年/Durban ICC,South Africa 2016)

南アフリカ共和国観光大臣のデレク・ハネコム氏。ハネコム氏のトークには、人を引きこむ魅力がある。この夜、INDABA関係者向けのカクテルパーティーが開かれた。壇上で同氏は、「大いに楽しもう。ただし、全裸にはならないで。最低限のドレスコードは守ってください」と話し、会場を沸かせていた。(ダーバンICC・南アフリカ 2016年/Durban ICC,South Africa 2016)

南アフリカ共和国観光大臣のデレク・ハネコム氏。ハネコム氏のトークには、人を引きこむ魅力がある。この夜、INDABA関係者向けのカクテルパーティーが開かれた。壇上で同氏は、「大いに楽しもう。ただし、全裸にはならないで。最低限のドレスコードは守ってください」と話し、会場を沸かせていた。(ダーバンICC・南アフリカ 2016年/Durban ICC,South Africa 2016)

 広大なアフリカ大陸のうち25カ国を訪ねてきた、フリーランスライターで武蔵大学非常勤講師の岩崎有一さんが、なかなか伝えられることのないアフリカ諸国のなにげない日常と、アフリカの人々の声を、写真とともに綴ります。

 南アフリカ共和国で開催された、アフリカ最大規模の観光見本市に参加した岩崎さん。会場で目にしたのは、アフリカを大陸ベースで標榜(ひょうぼう)するには、大きく南アフリカに偏った現状でした。しかし、会場内を取材し続けるうちに、徐々に胸が熱くなったといいます……。

【フォトギャラリーはこちら】

*  *  *
 6年ぶりに、南アフリカ共和国(以下南ア)に降り立った。南アフリカ観光局により編成された視察団の一員として、5月7日から9日にかけて南アの港湾都市ダーバンで開催された、アフリカ最大の観光見本市INDABA(インダバ)2016を訪れるためだ。

 今年で33回を数えるアフリカ各地の観光資源の紹介と観光客の誘致を求める最大級のイベントだけに、今回は18の国と地域から1047もの観光関連事業者や代表が出展。商談のために現地を訪ねた事業者の数は1856社にも上った。さらに、アフリカ国内だけでなく、ヨーロッパやアジアからも多くのメディア関係者が会場を訪れていた。

「観光客が落とす金は、援助として送られる金のように多くの人の手を介するうちに先細ることなく、それぞれの地域を直接潤す。そしてその金は、さまざまな経済行為とともに、血液のように、その地域の隅々まで巡っていく。観光業は、マリにとって極めて本質的に大切なものなんだ。しかし、それが今、完全に止まってしまった。血が流れていない。生きることが、とても、難しい」

 今年の2月にマリを訪れた際、モプチに暮らす友人のハミドゥがこう話していたことを思い出す。私はこの言葉を忘れられずにいた。

 マリをはじめ、陰りが感じられる西アフリカの観光業を復興させるためのヒントが、ここINDABAで見つけられないかと、私は少し期待していた。陰りがあってもなくても、魅力あふれるアフリカの観光資源が一堂に会することで、それぞれに相乗効果を得ている様を目の当たりにすることも、私は楽しみにしていた。

 INDABA開催初日は、各国メディアに向けた要人によるスピーチから始まった。

 INDABAの開催地ダーバンを抱える南アフリカ・クワズールナタール州の経済発展・観光・環境担当執行理事マイケル・マブヤクル氏と、南ア観光大臣のデレック・ハネコム氏は、南アにおける観光業の明るい未来と可能性について高らかに語った。

 続いてCNNの番組でアンカーを務めるジャーナリストのリチャード・クエスト氏を迎え行われた、ハネコム氏ら南ア観光業の要人のトークセッションでは、会場を埋めるジャーナリストと出展者から厳しめの質問が相次いだ。

「(アフリカの)観光業を大きくする責任は、誰が持つのか?(南アは、それをリードする覚悟があるのか?)」

「共通の目標に向かって、(言葉も文化も違うアフリカの国同士が)どうやって前に進むことができるのか?」

「(南アに)保護貿易主義をとろうとの思惑はないのか?」


トップにもどる

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい