AERA dot.

あふれ出る衝動に突き動かされて。阪本勇写真展「天竺はどこや!!」

アサヒカメラ
阪本勇写真展「天竺はどこや!!」から (C)Isamu Sacamoto

阪本勇写真展「天竺はどこや!!」から (C)Isamu Sacamoto

阪本勇写真展「天竺はどこや!!」から (C)Isamu Sacamoto

阪本勇写真展「天竺はどこや!!」から (C)Isamu Sacamoto

阪本勇写真展「天竺はどこや!!」から (C)Isamu Sacamoto

阪本勇写真展「天竺はどこや!!」から (C)Isamu Sacamoto

阪本勇写真展「天竺はどこや!!」から (C)Isamu Sacamoto

阪本勇写真展「天竺はどこや!!」から (C)Isamu Sacamoto

 東京・銀座のギャラリー、ガーディアン・ガーデン(GG)では、阪本勇写真展「天竺はどこや!!」を開催している。この個展は、ガーディアン・ガーデンの主催する公募展「ひとつぼ展」(1992年~2008年)と、「1_WALL」(2009年~)の卒業生たちのその後の活動を伝えるための展覧会「The Second Stage at GG」シリーズの35回目の展覧会だ。

 阪本は「天竺はどこや!」で第27回写真「ひとつぼ展」(2006年)に入選。その後も一貫して、自身の根底から溢れ出る「衝動」に突き動かされながら、シャッターを切り、制作を続けてきた作家だ。

 「衝き動かされては走り、衝き動かされては撮る。じゃあその衝動は一体なんだと問われたら、いっぱいあり過ぎて答え切れない」と阪本は語る。この世のありとあらゆる現場や現象を写真におさめたいと、さまざまな被写体にレンズを向けている。しかし、その行為は、ただ刺激的な視覚体験を追い求めるものではなく、友人がふと見せる表情や、身近な風景といった、阪本自身のまわりに散りばめられた数々のエピソードを丁寧に拾い上げるものではないだろうか。

 言い換えればそれは、阪本勇という人間が紡ぎだす、人との出会いや想いの中から現れる、喜びの有り様なのかもしれない。
 阪本は、「三蔵法師が、どこにあるのかわからない天竺へ向けて歩いた一歩一歩。それが自分にとっての写真一枚一枚だ」とも言う。写真を撮ることで、自身の天竺を探し歩く阪本の行き先を、ぜひ会場でご覧いただきたい。

(ガーディアン・ガーデン 益子哲郎)


The Second Stage at GG #35 阪本勇展「天竺はどこや!!」
会場:ガーディアン・ガーデン
開催期間:2014年5月12日(月)~5月29日(木)
開館:11時~19時 日曜休館 
住所:東京都中央区銀座7-3-5 ヒューリック銀座7丁目ビル B1F
TEL:03-5568-8818

トークイベント開催
阪本勇トークショー「事件は現場で起きている!」
日時:2014年5月29日(木)19時10分~20時40分
出演:阪本勇×植田浩平(PEOPLE代表)×植本一子(写真家)
要予約(TEL:03-5568-8818) 入場無料 


トップにもどる

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい