セ・リーグでは佐藤輝明(阪神)、伊藤将司(阪神)、中野拓夢(阪神)、栗林良吏(広島)、牧秀悟(DeNA)、パ・リーグでは伊藤大海(日本ハム)、早川隆久(楽天)が既にチームの主力となっており、近年稀にみるルーキーの当たり年となっている。では、その一方で即戦力ではないものの、将来の主力として期待された高校卒の選手たちはどうなのか。ここまでの二軍でのプレーぶりなどから、早く戦力になりそうな候補を探っ…

続きを読む