YOSHIKI、紺綬褒章の受賞式に出席「少しでもみなさんの力になれるように」 
YOSHIKI、紺綬褒章の受賞式に出席「少しでもみなさんの力になれるように」 
この記事の写真をすべて見る

 YOSHIKIが、2021年12月21日に行われた紺綬褒章の受章式に出席した。

 昨年4月、YOSHIKIの運営する米国非営利公益法人501(c)(3)「YOSHIKI FOUNDATION AMERICA」を通じ、「国立国際医療研究センター」に1000万円を寄付するなどの支援を行ったことから、今年3月に紺綬褒章を受章したYOSHIKI。本人が長く日本を離れていたため、半年以上経過してから今回の受章式が執り行われ、国立国際医療研究センター理事長から記念品として紺綬(メダル)と章記が授与された。

 なお、YOSHIKIは、新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化する中、アメリカでの食糧難パニックの沈静化支援の為にLAの「Meal on Wheels」へ2万4,000ドル(約250万円)、公演中止の影響を受けた世界中のミュージシャンや音楽業界で働く人達を支援する為にグラミー賞の主催で知られるレコーディング・アカデミー(R)とその関連慈善財団MusiCares(C)が設立した「COVID-19救済基金」に10万ドル(約1000万円)、メンタルヘルス問題を抱える音楽関係者支援のために10万ドル(約1000万円)を寄付するなど、 世界を股にかけて様々な支援活動を行っている。

 さらに、これまで新型コロナウイルス関連のみならず、国内では東日本大震災、地震、 大型台風など、災害への寄付を実施。海外においては、アメリカのハリケーンハービーや、 オーストラリアの森林火災に対する寄付など、世界各地へ向け積極的な援助活動を行い、 さらにメイク・ア・ウィッシュ財団、米グラミーファウンデーションや小児がんの子供達を支援する米パブラブファウンデーションなどへの継続的な支援も行っている。

 それらの積極的な慈善活動と影響力が評価され、2019年には『Forbes Asia』が発表した“アジア太平洋地域の最も優れた慈善家30人”の一人に選ばれている。

◎YOSHIKI コメント
改めて、このような栄誉な章をいただき大変光栄に思います。
これからも少しでもみなさんの力になれるように、支援を続けたいと思います。

暮らしとモノ班 for promotion
【まとめ買いで最大19%OFF】いつもAmazonで買っている水やドリンクがもっとお得に!「飲料サマーセール」