小林武史のコメント到着、コゴナダ×A24『アフター・ヤン』の本編映像が公開
小林武史のコメント到着、コゴナダ×A24『アフター・ヤン』の本編映像が公開
この記事の写真をすべて見る

 コゴナダ監督とA24がタッグを組んだ映画『アフター・ヤン』(10月21日公開)の本編映像と、小林武史のコメントが到着した。

 同作の舞台は、“テクノ”と呼ばれる人型ロボットが一般家庭にまで普及した未来世界。茶葉の販売店を営むジェイク、妻のカイラ、中国系の幼い養女ミカは慎ましくも幸せな日々を送っていたが、ロボットのヤンが突然の故障で動かなくなり、ヤンを本当の兄のように慕っていたミカはふさぎ込んでしまう。修理の手段を模索するジェイクは、ヤンの体内に一日ごとに数秒間の動画を撮影できる特殊なパーツが組み込まれており、ヤンがめぐり合った素性不明の若い女性の姿が記録されていたことを発見するというあらすじだ。

 音楽はAska Matsumiya、オリジナルテーマは坂本龍一が担当。フィーチャリングソングは映画『リリイ・シュシュのすべて』で小林武史がプロデュースした「グライド」をMitskiが歌った新バージョン。

 本編映像は、コリン・ファレル演じるジェイクが、ジャスティン・H・ミン演じるヤンの体内に“メモリバンク”という記憶装置が組み込まれていることを発見し、その映像を再生するところからスタート。21年前の2001年10月6日に劇場公開された岩井俊二監督作品『リリイ・シュシュのすべて』に登場する架空のバンドLily Chou-ChouのロゴがプリントされたTシャツを着用したヤンの姿と、ヘイリー・ルー・リチャードソン演じる物語の鍵を握る素性不明の若い女性の姿も映し出されている。

◎小林武史 コメント
AIにまつわるストーリーの最後に、アレンジされた音も歌もオリジナルより生命力を強く感じさせる「グライド」が流れます。
SF的でありながらシンプルな心地よさが溢れる映画です。僕的には、20年以上前に作った曲と映画が与えてくれる未来のイメージ、つまり過去と未来はシンプルにもつながり得るというような、心地良さでもありました。

◎映画情報
『アフター・ヤン』
2022年10月21日(金)からTOHOシネマズ シャンテほか公開
監督・脚本・編集:コゴナダ
原作:アレクサンダー・ワインスタイン『Saying Goodbye to Yang』(短編小説集『Children of the New World』所収)
音楽:Aska Matsumiya
オリジナルテーマ:坂本龍一
フィーチャリングソング:「グライド」Performed by Mitski, Written by 小林武史
出演:
コリン・ファレル
ジョディ・ターナー=スミス
ジャスティン・H・ミン
マレア・エマ・チャンドラウィジャヤ
ヘイリー・ルー・リチャードソン
上映時間:96分
配給:キノフィルムズ
(C)2021 Future Autumn LLC. All rights reserved.

https://www.youtube.com/watch?v=41zaoVLeHJA

暮らしとモノ班 for promotion
もうすぐ2024年パリ五輪開幕!応援は大画面で。BRAVIA、REGZA…Amzonテレビ売れ筋ランキング